ニーシングと建築家・中山英之がコラボリング発表 | RBB TODAY

ニーシングと建築家・中山英之がコラボリング発表

エンタメ フォトレポート

「“Graffiti” Rings by Hideyuki Nakayama」
  • 「“Graffiti” Rings by Hideyuki Nakayama」
  • 中山の建築模型にニーシングジュエリーを展
  • 中山の建築模型にニーシングジュエリーを展
  • ニーシングと建築家・中山英之がコラボリング発表。岡田栄造ディレクションのインスタレーションも
  • コラボリング「メタルの木」
  • 指で回すと森の奥行きが変わる
  • コラボリング「リングのリング」
  • 指の上で回すと泡の密度が変化
ドイツのジュエリーブランド「ニーシング(NIESSING)」と建築家・中山英之がコラボレーションした企画展「“Graffiti” Rings by Hideyuki Nakayama」がニーシング東京(東京都港区南青山5-9-10サンク青山1階)にて11月10日まで開催されている。

今企画において中山は、絵や文字をリングの表面に施すことのできるニーシングのジュエリー「グラフィティ(Graffiti)」のために、「メタルの木」と「リングのリング」の2種類を描き下ろした。また会場では、中山がコンペの際に実際に製作した建築模型「小さすぎるビル」「草原の大きな扉」「K湖のN荘」の3点と共にニーシングのジュエリーを展示するインスタレーションを設置。ディレクションを岡田栄造(S&O DESIGN)が手掛けている。

今回、初めてジュエリーをデザインした中山氏は「設計する際、まずニ次元でスケッチを描いてから立体化していく。ジュエリーをデザインする時も同じ。ニーシングのジュエリーは構造力学的に無駄のないデザインが中心なので、円と線のみを使用しシンプルに世界観を表現した。リングを指の上で回すと、線と円の密度が変化して違った表情を見せるので、そこを楽しんでほしい」と話す。

ニーシングは、1873年ドイツで創業。ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドからスチールや高品質なシンセティック素材を用いたジュエリーを発表。素材そのものの美しさを引き出したデザインが特徴で、バウハウス(Bauhaus)の理念を体現したジュエリーとも評されている。過去、レッドドット・デザインアワードやiFデザイン賞を受賞した。1979年、ウォルター・ウィテックによる「ザ・ニーシングリング」を発表。宝石を留める爪がなく、まるでダイヤモンドが浮遊しているかのようなデザインは特許を取得。国立工芸美術館(ノルウェー・オスロ)や美術工芸博物館(ハンブルグ)にコレクション展示されている。

ニーシングと建築家・中山英之がコラボリング発表。岡田栄造ディレクションのインスタレーションも

《編集部》

関連ニュース

特集

page top