【CEATEC 2013 Vol.32】電子ペーパー画面のスマートウォッチ、12月発売予定 | RBB TODAY

【CEATEC 2013 Vol.32】電子ペーパー画面のスマートウォッチ、12月発売予定

IT・デジタル スマートフォン
Android、iOSに対応するスマートウォッチ
  • Android、iOSに対応するスマートウォッチ
  • メールをスマートウォッチで確認したりSNSのチェックも可能
  • 日本では12月に発売する予定
 台湾のSonostarという会社がAndroid、iOSに対応したスマートウォッチを展示していた。日本での発売は12月を予定しているという。

 このスマートウォッチは、320×240ピクセルの解像度を持つ1.73インチの曲面ディスプレイの腕時計型デバイスだ。画面部分はタッチスクリーンになっており、スマートウォッチからスマートフォンの操作も可能だ。ディスプレイはEinkの電子ペーパーを採用しており、昼間の外でも画面が見やすい。

 スマートフォンとはBluetoothで接続され、スマートフォン上行える操作のほとんどがスマートウォッチから可能となる。GPSも内蔵しており、ゴルフアプリやヘルスケア系のアプリも存在する。アプリケーションの開発はサードパーティが行うこともできる。

 日本での販売価格は18,900円を目指している。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top