「Fuck-JP.html」……9月18日、複数のウェブ改ざんが確認され始める | RBB TODAY

「Fuck-JP.html」……9月18日、複数のウェブ改ざんが確認され始める

ブロードバンド セキュリティ
改ざんの例(記載されている内容は満州事変とは直接関係のあるものではありません)
  • 改ざんの例(記載されている内容は満州事変とは直接関係のあるものではありません)
  • “紅客”による攻撃リスト
 エフセキュアは18日、恒例の“918サイバー攻撃”として、複数のウェブ改ざんが確認され始めたことを、同社公式ブログで報告した。

 9月18日は、「満州事変」の発端となった柳条湖事件(奉天事件)が発生した日で、例年サイバー攻撃の増加が確認されており、同社はさまざまな情報を公開するとともに、注意喚起を行っている。

 それによると、今年も“紅客(ほんくー:中国のハクティビズムのグループの総称)”らによって、攻撃の標的リストが公表されていたとのこと。またこれらリストに載っていないサイトなどでも、検索などによる総当たり攻撃で、被害に遭う可能性があるとしている。検索文字列に関しての情報も、9月に入り日本への攻撃を示唆する内容と共に複数確認されていた。

 現在すでに、複数のウェブが改ざんされており、「ウェブサーバのコンテンツに日本を挑発するようなファイルがありましたら、侵入されている可能性大です」と、サイトの状況確認を呼びかけるとともに、具体的なファイル名として「Fuck-JP.html」を挙げている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top