イッツコム、通信事業者で初めて家庭用蓄電システムのレンタルを開始 | RBB TODAY

イッツコム、通信事業者で初めて家庭用蓄電システムのレンタルを開始

ブロードバンド その他

屋外定置用リチウムイオン蓄電池(寸法:980×310×1065mm)
  • 屋外定置用リチウムイオン蓄電池(寸法:980×310×1065mm)
  • アプリケーション「ぴぴパッ!」 画面イメージ(PC、タブレット、スマホ)
  • アプリケーション「ぴぴパッ!」 画面イメージ(スマホ)
 イッツ・コミュニケーションズとONEエネルギーは30日、ONEエネルギーが手がける家庭用蓄電システムのレンタルサービスの販売について業務提携したことを発表した。通信事業者が蓄電システムのレンタルサービスを取り扱うのは、イッツコムが初とのこと。

 9月1日から東急線沿線を中心とした地域の一戸建て住宅向けに、本サービスの取り扱いを開始する。レンタル料金は、基本月額税別4,900円で、東京都内に設置する場合は東京都制定の補助金受給対象となるため、月額2,900円で利用可能。また、設置に係る初期費用と維持費は不要。電力の見える化や節電意識を向上させるアプリケーション、蓄電容量が保証性能を下回った場合の交換保証、クラウド上で蓄電システムを遠隔監視する保守点検を付帯サービスとして利用できる。

 ONEエネルギーでは、蓄電池と最適な電力使用方法をナビゲートするアプリケーションをクラウドデータ連携により組み合わせ、システム一式をレンタルで提供するサービスを手掛けており、本年6月のサービス開始以降、約1,000件の申し込みがあるとのこと。これまでに先行して本サービスを導入したモニター家庭では、前年同月の電気利用料金と比べて月額3,000円~6,000円程度の削減効果が得られているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top