サムスン、LTE-TDD/FDD両方式に対応した「GALAXY S4」「GALAXY S4 mini」を開発……中国市場狙う | RBB TODAY

サムスン、LTE-TDD/FDD両方式に対応した「GALAXY S4」「GALAXY S4 mini」を開発……中国市場狙う

IT・デジタル モバイル

サムスンがLTE-TDD/FDD両方式に対応した「GALAXY S4」を開発
  • サムスンがLTE-TDD/FDD両方式に対応した「GALAXY S4」を開発
  • 4.3インチの「GALAXY S4 mini」
 サムスン電子は、LTE規格のうち「TDD方式」と「FDD方式」の両方に対応したスマートフォン「GALAXY S4」「GALAXY S4 mini」を開発したと発表した。この両方に対応する商用ベースの端末は世界初となる。

 LTEにはTDD-LTE(Time-Division Duplex) とFDD-LTE(Frequency Division Duplex)という2つの規格が存在する。新開発された「GALAXY S4」「GALAXY S4 mini」はこの両規格に対応する世界初の端末となる。両規格に対応することにより、双方のネットワーク間でも音声やデータをシームレスに利用できるとしている。

 LTEのサービス開始にあたって日本や欧米ではFDD-LTEを採用。一方、中国ではTDD-LTEを採用しており、中国市場への参入にはTDD方式への対応が必須となっていた。「TDD方式」と「FDD方式」両方に対応することにより、グローバル展開を目指す「GALAXY S4」「GALAXY S4 mini」のメリットを強調するのが狙いだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top