【インタビュー】現場の声を聞き、長く働ける環境づくりを……IT企業の福利厚生 | RBB TODAY

【インタビュー】現場の声を聞き、長く働ける環境づくりを……IT企業の福利厚生

エンタープライズ 企業

インターネット広告事業本部 山辺祥子氏
  • インターネット広告事業本部 山辺祥子氏
  • インタビューを受けてくれた二人
  • インターネット広告事業本部 井上俊氏
  • 設置されている冷蔵庫から、ドリンクやヨーグルトを自由にとることが出来る
  • インタビューを受けてくれた二人
 会社員にとって大切な福利厚生。就職先を選ぶ際に、重要視する人も多いのではないだろうか? しかし、昨今では不景気のせいか、福利厚生の予算削減が進んでいるという話も聞く。

 そんななか、ユニークな福利厚生制度を実施している会社もある。その一つが、アメーバブログでお馴染みの株式会社サイバーエージェント。同社のユニークな人事制度や福利厚生については、Webニュース等で取り上げられることもあり、ご存知の方も多いことと思う。実は同社では、こうしたよく知られる全社での取組み以外にも、各部署で独自の制度を取り入れているとのこと。今回は、インターネット広告事業本部の山辺祥子氏と、同部署で営業を担当する井上俊氏に話を聞いた。

■現場の声を聞き、速やかに反映。

――部署独自で福利厚生に取り組まれていると聞きました、具体的にどのような取組をされているのでしょうか?

山辺氏:私どもの部署では、独自の制度として女性社員に美容ドリンクを提供しています。忙しく働く女性社員から、「最近肌が荒れているんだけど」という声があったので、それを解決するために導入しました。すると、それを見て男性社員から、「仕事の頑張り時や踏ん張り時に元気が出るものが欲しい」という声があがったので、こちらに関してはレッドブルを用意するようになりました。また、“朝ヨーグルト”も導入しています。社員の脳と体を朝から活性化し、業務効率化につながるような支援、フォローをしたいというのが目的です。

――社員からの評判はどうですか?

 かなり良いです。朝ヨーグルトについては朝9時半には用意していますが、いつも始業時間の10時までにはなくなっています(笑)。より早く会社に来たメンバーが、より早く仕事ができるようになる支援の1つになっていますね。

――最近、新しく導入した制度があると聞いたのですが?

 最近では、野菜ジュースの導入も行いました。美容ドリンクや栄養ドリンク導入の試みを行っていくなかで「野菜ジュースは導入できないの?」という声が上がってきたんです。社内の平均年齢が少しずつ上がってきていることもあり、健康を気にするメンバーが増えてきているのだと考えられます。こちらも、声が上がってからすぐに導入を決めました。

――野菜ジュースを導入した一番の目的はなんですか?

 “仲間の健康管理”が一番大きい要素だと思います。みんな忙しくバタバタしていることが多いので、どうしても食の面で栄養補給ができないことも多いと思うんです。そこで、おいしさと栄養を重要視して探した結果、カゴメの「毎日飲む野菜」「毎日飲む野菜と果実」を社員に提供することにしました。導入にあたっていくつかの商品を調べましたが、そのなかでも、iTQi(国際味覚審査機構) の“優秀味覚賞3つ星”を受賞しているという部分で、導入する側としては安心感がありました。また、せっかく飲んでもらうのだから、より質のいいもの、よりおいしいものであることが、社員に対する福利厚生としては良いものになるのではないかと思い、こちらの商品を選びました。

――反応はどうでしょうか?

 とても良いです! 意外だったのは、男性社員からのウケが良かったことですね。男性は女性に比べて食生活が乱れがちだと思っていましたが、男性からの評判を聞いて、意外と気を使っているんだなと思いました。1人何本までなど、特に決まりはないので、決められた曜日に冷蔵庫に補充しておいて、各自が好きにとっていくシステムです。

――1人が10本も20本も持っていってしまうことはないんですか?

 1人でたくさんというよりも、いつの間にか近くの席のメンバーに持っていって配っている光景はよく目にします。この野菜ジュースを初めて導入したときも、夕方に冷蔵庫に入れたものがあっという間になくなりました。しかも冷える前に(笑)。なくなると、みんなガッカリするんですよ。今では、「ないと嫌だ」なんて言われるようになりました。出来るだけそういったことがないように、需要に合わせて補充していければと思います。

――山辺さんは、朝ごはん学を学んでいたという話を聞いたのですが、その経験もこれらの導入に影響しているのでしょうか?

 わたしは、自由大学で“朝ごはん学”という授業を受講していました。自由大学とは、ユニークな講義を展開する学びの場です。元々、食べることは好きだったのですが、忙しい生活の中では朝ごはんをきちんと摂ることができなくて。自分の健康維持のために勉強していたのですが、おいしいものを口にして心が満たされると、同時に体が健康になることを痛感しました。ですから、「野菜ジュースが欲しい」という声が出たときはすごくいい案だと思い、すぐに導入を決めました。

《RBB TODAY》

特集

page top