【インタビュー】現場の声を聞き、長く働ける環境づくりを……IT企業の福利厚生 2ページ目 | RBB TODAY

【インタビュー】現場の声を聞き、長く働ける環境づくりを……IT企業の福利厚生

エンタープライズ 企業
インターネット広告事業本部 山辺祥子氏
  • インターネット広告事業本部 山辺祥子氏
  • インタビューを受けてくれた二人
  • インターネット広告事業本部 井上俊氏
  • 設置されている冷蔵庫から、ドリンクやヨーグルトを自由にとることが出来る
  • インタビューを受けてくれた二人
■野菜ジュースは、健康管理のお助けアイテム

――井上さんは普段どんな業務をしているのか教えてください。仕事で何か辛いことはありませんか?

井上氏:いきなりそこを聞きますか(笑)。私が担当しているのは、主にWeb広告を売る営業です。そんなに辛いことはないですが、時間がかかる業務が多いですね。

――毎日の業務の中で特に助かっている制度はありますか?

井上氏:朝ヨーグルトは本当に助かります。朝ごはんを家で食べてこなかったときに、会社で仕事をしながら食べられるのがいいですね。自炊してから来るほどのガッツはないですから、会社に気を使ってもらっているなと感じます。野菜ジュースについては、「毎日飲む野菜」の方を飲んでいます。基本的に昼はそばとか簡単なものしか食べないので、栄養バランスが偏っているなと自分でも分かっているんです。改善しようとは思っているんですが、なかなか自分で野菜ジュースを買おうと思えないんですよね。それが会社に置いてあって、すぐに飲めるというのは非常にありがたいです。

――まわりにも、栄養バランスを気にしている方は多いですか?

井上氏:多いですね。お酒を飲む機会も多いですし、僕はタバコも吸うので。自分の不健康さを何で改善しようかと考えると、やっぱり野菜を摂ることだと思うんです。でも、自分でサラダを作ることもなかなかないので、野菜ジュースを飲むことで、健康に気をつかっていきたいなと考えています。少しでも栄養バランスを改善できていると思うと、精神面での満足も大きいですね。

■サイバーエージェント社員の正体とは?

――御社について、“キラキラ女子”といったワードも耳にしますが、実際の社員にはどんな方が多いですか? 

山辺氏:基本的には成長意欲の高い人が多いと思います。同期や先輩含め、仕事で活躍したいと思っている人が多いです。会社が掲げている「21世紀を代表する会社を創る」という目標に対して、皆が同じ目線を持っています。これってイメージ通りでしょうか?

――イメージで言ってしまうと、ギラギラした感じの人が多いのかなと想像していました。完全に偏見ではありますが(笑)。

山辺氏:確かに、華やかで“キラキラ女子”と呼ばれるメンバーも多いですが、プライベートと仕事が充実しているという点では、みんな共通していますね。でも、おそらく予想されている以上にみんな真面目ですよ!(笑)

井上氏:男性は既婚率も高いですし、遊んでばっかりじゃなく、ちゃんと家族もあって、仕事と両立しています!

山辺氏:本当にみんなストイックです。そういう社員が多いからこそ大切にしているのが、経営陣と同じ目線を持ってもらうことと、経営メッセージを必ず共有できるように伝えていくことです。月に1回我々の部署の役員が、フロア内のモニターを使って、社員みんなに経営メッセージを伝えています。それが、モチベーションを維持したり、成長意欲を高める原動力になりますので。周りからは、経営陣と社員との距離が近いよねと言われますが、これはすごく大切なことだと思っています。

――IT系企業ならではの工夫があれば教えてください。

山辺氏:やはり社内でPCに向かっていることが多いので、快適なオフィス作りに力を入れています。ミーティングスペースや休憩所はずっと同じだったので、少し雰囲気を変えて新鮮さを出してみました。長く働き続けられる環境であることが、社員にとって大切な要素だと思います。

――仕事のやりがいについてはいかがでしょうか?

井上氏:“サイバーエージェント”というブランドと、僕ら営業がしていることのギャップってすごく大きいと思うんです。実際にやっている仕事は、本当に泥くさいことのほうが多いですよ。だから、見た目だけで判断するんじゃなく、仕事内容がもっと世の中に出てほしいなと思います。そのほうが僕らとしても鼻が高いですし。

山辺氏:月刊で社内報を出して、経営陣のインタビューなどを載せています。人数も増えてきたので、より経営メッセージを伝えやすくして、社員が連帯感を持つことを大切にしたいですね。

――本日はありがとうございました。
《RBB TODAY》

特集

page top