NTTドコモ、「Optimus G L-01E」「Optimus it L-05D」をAndroid 4.1にアップデート | RBB TODAY

NTTドコモ、「Optimus G L-01E」「Optimus it L-05D」をAndroid 4.1にアップデート

IT・デジタル モバイル

「Optimus G L-01E」。同機の画面をPCで表示し、文字入力や操作がマウスやキーボードで可能となる
  • 「Optimus G L-01E」。同機の画面をPCで表示し、文字入力や操作がマウスやキーボードで可能となる
  • 「Optimus it L-05D」ではLGアプリケーションマネージャーが搭載される
  • 「Optimus it L-05D」のアップデート手順
 NTTドコモは5日、Androidスマートフォン「Optimus G L-01E」「Optimus it L-05D」(ともにLGエレクトロニクス製)のOSをAndroid 4.1にバージョンアップするソフトウエア更新の提供を開始した。

 「Optimus G L-01E」は2012年秋モデル、「Optimus it L-05D」は2012年夏モデルとして発売された機種。Android 4.1にバージョンアップすることにより、「Optimus G L-01E」はロック画面にスワイプ機能が追加され、Q Slide 2.0に対応し動画、ブラウザなど複数のアプリを同時に起動・表示できるようになった。また、同機の画面をPCで表示し、文字入力や操作がマウスやキーボードで可能となっている。

 「Optimus it L-05D」では、スワイプ機能の追加のほか、ホームボタンの長押しからタスクマネージャーや「検索」の起動が行えたり、アプリのアップデート管理などを行うLGアプリケーションマネージャーが搭載される。

 また、両機種ともspモードメールのアニメーションgifが正常に表示されない不具合も改善される。

 アップデートにはWi-Fiの環境下で端末本体で行う方法とPCでアップデータをダウンロードしてから本体に移す方法と2つが用意されている。両機種とも更新時間は端末本体で35分、PC経由で15分。

 「Optimus G L-01E」は約4.7インチディスプレイでクアッドコアCPU搭載のハイスペックモデル。IPX5/7相当の防水機能にも対応する。「Optimus it L-05D」は約4.0インチディスプレイでデュアルコアCPU搭載、防水機能にも対応する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top