東京都立図書館、デジタルデータベース「TOKYOアーカイブ」公開……NECがクラウドで構築 | RBB TODAY

東京都立図書館、デジタルデータベース「TOKYOアーカイブ」公開……NECがクラウドで構築

 東京都立図書館は23日、デジタルデータベース「TOKYOアーカイブ」を公開した。

ブロードバンド ウェブ
「TOKYOアーカイブ」トップページ
  • 「TOKYOアーカイブ」トップページ
  • 「TOKYOアーカイブ」のシステム概要図(NEC資料より)
 東京都立図書館は23日、デジタルデータベース「TOKYOアーカイブ」を公開した。

 東京都では、新たな都市戦略「2020年の東京」計画に係る事業を現在進めている。今回その一環として、東京都立図書館が所蔵する江戸期からの浮世絵や江戸城造営関係資料(国指定重要文化財)などをデジタル化し、容易に検索・閲覧できる「TOKYOアーカイブ」を新たに構築した。

 「TOKYOアーカイブ」は、東京都立図書館が所蔵するデジタル化資料、約1万6千点を一元管理し、カテゴリごとに公開したもの。フリーワード、カテゴリ、タイトル、作者、刊行年、出版社など多数の検索条件に加え、検索結果のさらなる絞込みなど、きめ細かい検索機能により、効率的な検索が可能。利用者にとって検索・活用しやすく、職員にとっては、資料データの登録・更新・削除を容易に行えるシステムだという。

 システム面では、日本電気(NEC)の公共図書館向けのクラウドサービス「GPRIME for SaaS / 図書館(ジープライムフォーサース)」を採用。NECのデータセンターに全ての資料を登録、一元管理を行っている。これにより、セキュリティの確保と、万一の災害の際の事業継続性を実現した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top