三菱電機、米エシェロン社と海外向けスマートメーター事業で協業 | RBB TODAY

三菱電機、米エシェロン社と海外向けスマートメーター事業で協業

 三菱電機は21日、スマートメーター(次世代通信機能付電力量計)事業のグローバル展開強化のため、米国Echelon Corporation社(エシェロン社)と協業することを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
スマートメーター事業のソリューション事例
  • スマートメーター事業のソリューション事例
  • 協業製品の概要
  • エシェロン社について
 三菱電機は21日、スマートメーター(次世代通信機能付電力量計)事業のグローバル展開強化のため、米国Echelon Corporation社(エシェロン社)と協業することを発表した。

 エシェロン社は、カリフォルニア州に拠点を持ち、電力用通信機器事業を展開。通信ネットワーク技術ではグローバル市場で豊富な実績を持っている。今回、計測部(メーター)を三菱電機が担当し、通信部(Open Smart Grid Protocol: OSGP)をエシェロン社が担当し、組み合わせた製品を作り上げる。製造はタイおよびインドネシアで行う。

 なお同製品は22日~23日にバンコク コンベンションセンターで開催される「Metering Billing, CRM ASIA 2013」に出展される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top