ラジオ、20代男性の聴取率が上昇中……聴取時間が1年で34分/日増加 | RBB TODAY

ラジオ、20代男性の聴取率が上昇中……聴取時間が1年で34分/日増加

ブロードバンド その他
男性20代ラジオ接触者 全局聴取分数(1人1日あたり)
  • 男性20代ラジオ接触者 全局聴取分数(1人1日あたり)
  • 2013年4月度 首都圏ラジオ調査結果1(聞いている時間と場所)
  • 2013年4月度 首都圏ラジオ調査結果2
  • 2013年4月度 首都圏ラジオ調査結果3
 ビデオリサーチは17日、首都圏におけるラジオ聴取の調査結果(2013年4月度)を発表した。調査期間は4月15日~21日で、12才~69才の男女個人2,841人から回答を得た。

 それによると、まず「1週間のうちにラジオを聞いた人」は63.9%。リスナー(ラジオを聞いた人)の平均聴取時間(1週間累積)は13.6時間で、1日あたり2時間近く聞かれている。場所については、自宅内で聞かれる割合は52.4%、「車の中」28.2%、「車の中以外」19.4%だった。

 さらに、この1年間における調査で、20代男性のラジオ聴取率は上昇を続けていることが明らかとなった。ラジオ接触者1人1日あたりの聴取時間量について、1年前の同時期(2012年4月調査)と比べて65分→99分と34分増加していたという。 

 同社では首都圏、関西圏、中京圏の3地区において、自主ラジオ個人聴取率調査を実施。首都圏ラジオ調査は、年6回偶数月に実施している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top