ネットワールド、既存機器がそのまま使えるSDN管理ソフト「Anuta nCloudX」発売 | RBB TODAY

ネットワールド、既存機器がそのまま使えるSDN管理ソフト「Anuta nCloudX」発売

 ネットワールドは13日、米Anuta Networks社(アヌータ・ネットワークス社)のクラウド(IaaS)事業者向け管理ソフトウェア「Anuta nCloudX」の販売を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
連携可能なクラウド基盤
  • 連携可能なクラウド基盤
  • 製品概要
  • 各機能アイコンに実際のネットワーク構成を紐づけることが可能
 ネットワールドは13日、米Anuta Networks社(アヌータ・ネットワークス社)のクラウド(IaaS)事業者向け管理ソフトウェア「Anuta nCloudX」の販売を開始した。

 「Anuta nCloudX」は、既存のネットワーク機器をそのまま使って、ソフトウェアでネットワークの構成や制御を柔軟に行うSoftware-Defined Networking(SDN)を実現するソフトウェア。IaaS事業者は、グラフィカルな画面でネットワークサービスを設計し、テナントユーザーに分かり易いアイコンを利用したサービスカタログとして提供できる。テナントユーザーが、サービスカタログから特定のサービスメニューを選択すると、それを提供するための各種ネットワーク機器の設定は、Anuta nCloudXが自動的に実行する。

 Anuta nCloudXでは、従来通りのコマンド(CLI/API)を用い、レイヤー2やレイヤー3のルータやスイッチだけでなく、レイヤー4からレイヤー7までの負荷分散機器やファイアウォールなどを含む機器に対して、プロビジョニングが行える。

 対応製品は、現在、シスコシステムズ、F5ネットワークス、シトリックス・システムズ(NetScaler)、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズなど。今後、ジュニパーネットワークス、パロアルトネットワークスの製品への対応も予定している。VMware分散仮想スイッチ、ならびに、仮想アプライアンス(Cisco VSG、Cisco ASA 1000V、Cisco CSR1000V、Cisco Nexus 1000V、Citrix NetScaler VPX、F5 BIG-IP、Riverbed Stingray ADC)もサポートする。それ以外の製品については、顧客のニーズに応じて開発、もしくはSDK(ソフトウェア開発キット)の提供を行う予定。

 主要クラウド運用基盤(VMware vCloud Director、Citrix CloudPlatform、OpenStack等)の配下でAnuta nCloudXは連携して動作可能。今後はMicrosoft System Center、CA Automation Suite for Cloudsとの連携も予定されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top