製造業復活のヒントを示す!大塚商会、「SolidWorks Solution Seminar 2013 TOKYO」を5月16日に開催 | RBB TODAY

製造業復活のヒントを示す!大塚商会、「SolidWorks Solution Seminar 2013 TOKYO」を5月16日に開催

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「SolidWorks Solution Seminar 2013 Tokyo」
  • 「SolidWorks Solution Seminar 2013 Tokyo」
  • SolidWorks
  • SolidWorks、世界実績と国内シェア
 大塚商会は、“ものづくりの新たなカタチ ~製造業復活のヒント~ 技術×IT×人と人との結びつき”をテーマとして、「SolidWorks Solution Seminar 2013 Tokyo」を5月16日に開催する。協賛はソリッドワークス・ジャパンと日本ヒューレット・パッカード。テーマにもあるように、日本の製造業・モノづくり復活のヒントとなるようなセミナー、およびSolidWorks関連のシステム展示が行われる。

  SolidWorksは、「最高の3次元設計環境を簡単に使いこなしたい」という思いから誕生し、95年にリリースされた3次元CADシステム。現在世界で200万ライセンス、日本国内でも10万ライセンスの出荷本数を突破しており、日本国内での3次元CADのトップシェアを誇る。大塚商会は、最初のバージョンであるSolidWorks95からその販売を手掛け、17年連続で「SolidWorks国内販売No.1」の実績を誇るディーラーとなっている。

 同セミナーの基調講演では、中小企業応援団/神戸国際大学経済学部 教授の中村智彦氏が登壇。「これからのモノづくり・中小企業が生きる道」と題して、中小製造業経営者が抱える問題点、そして解決へのアイデアを解説。

 下町ボブスレーを取り上げた「フェラーリに挑む モノづくり大田区の戦い ~『メイド・イン・大田』がソチオリンピックを目指す~」や、「パワーチャージの方程式、地方から発信する、SWCNという生き方、活き方 ~異業種交流から全日本製造業コマ大戦参戦までのストーリー~」では、実際に進んでいるプロジェクトや活動している団体から講師を招き、日本のモノづくりの可能性や、SolidWorksユーザのコミュニティ活動、その中でどのようにSolidWorksを活用しているかについての話が語られる。

 さらに、リリースから半年あまりで既に600本以上が出荷され、米国をはじめとした海外で大反響を呼んでいる新製品「SolidWorks Electrical」の国内初となる紹介や、体験セミナーも実施される他、「SolidWorks Premium」をはじめ、話題の3Dプリンタなど、関連製品・システムの展示も行われる。


■「SolidWorks Solution Seminar 2013 Tokyo」
日時:5月16日(木)10:00~16:30(受付開始 9:45~)
会場:株式会社大塚商会 本社ビル(東京都千代田区飯田橋2-18-4)
参加費:無料(事前予約制)
予約締切:5月13日(月)まで
イベントURL:http://event.otsuka-shokai.co.jp/13/0516sw/
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top