就活、婚活、朝活、ソー活の次は「菌活」!? | RBB TODAY

就活、婚活、朝活、ソー活の次は「菌活」!?

エンタメ その他

菌活の主役となる主な菌類
  • 菌活の主役となる主な菌類
  • “菌活”メニューを提供する中目黒「はな豆」
  • “菌活”メニューを提供する中目黒「はな豆」
  • 中目黒「はな豆」、「春の菌活コース」2500円
  • 中目黒「はな豆」、「菌活山菜ときのこの天ぷら」980円
  • “菌活”メニューを提供する麻布十番「ナポレオンフィッシュ」
  • 麻布十番「ナポレオンフィッシュ」、「菌活いろいろきのこのガーリックフリット」900円
  • 麻布十番「ナポレオンフィッシュ」、「菌活いろいろきのこのバナナリーフ包み焼き」1200円
 「婚活」「就活」「朝活」「ソー活」……。最近「○○活」が流行している。なかには、親が子どもの就職やお見合いの支援をする「親カツ」というのもあるそうだ。そして、ここに新たに「菌活」が登場し、注目を集めているという。たとえば“菌活メニュー”を提供する飲食店ができたという。

 「菌活」とは、ひとことで言えば、私たちの身のまわりにある「菌」を、美容や健康なカラダづくりに、積極的に上手く活用することだ。ここでいう「菌」とは、食べたり飲んだりして体に良い働きする菌のこと。私たちの身の回りは菌だらけといっても過言ではないが、菌類は途方もなく種類が多く、それぞれが個性的な性質を持っている。菌活の主役となる主な菌類には、乳酸菌、麹菌、菌類(きのこ)、納豆菌、酢酸菌など、古来より、人々の知恵によって暮らしのなかに取り入れられ活用されてきた“役に立つ菌”もたくさんあるのだ。

 「菌活」の主役となる主な菌は、「真菌」と「細菌(バクテリア)」。真菌とは、カビ・酵母・きのこの仲間の総称だ。一方、私たちの食生活に役立つ細菌には、乳酸菌、酢酸菌、納豆菌などがある。これらは世界中で、さまざまな発酵食品を生みだしている。

 「菌活」は、菌の力を利用して健康になったりきれいになったりすることだが、ただ単に、カラダに良い菌を食べたり飲んだりすればよいというものでもない。人の体には500種類以上、100兆個以上、1~1.5kgもの腸内細菌が生存している。良い菌をとれば腸に届き、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境がよくなるが、もともと自分の腸内にすみついている善玉菌をふやすためには、そのエサとなる食物繊維やオリゴ糖をしっかりとる必要がある。このように、菌活では、カラダの中で菌を育て、バラエティにとんだ菌をとることがポイントだ。

 納豆やヨーグルト、あるいは近年ブームになった塩麹、抗生物質のストレプトマイシンなど、ふだんの生活にすでに菌は溶け込んでいるが、こういった菌の中でも、唯一「肉眼で見える菌」がきのこだ。きのこは種類も豊富で、日本国内に自生しているものだけでも4000~5000種ある。じつは、「菌」と書いて「きのこ」とも読むほど、典型的な存在であり、きのこにさまざまな健康効果を期待できるのは、菌のかたまりだからだといえる。

 そして、きのこの“菌活メニュー”を提供する飲食店も、ここに来て登場している。たとえば中目黒「はな豆」(東京都目黒区上目黒2-10-8)は、素材のおいしさがそのまま味わえる、昔ながらの懐かしい「農家のおもてなし料理」が楽しめる和食店。「春の菌活コース」(3,500円)では、桃と甘酒のカクテル、山菜ときのこの天ぷら、たことしょうがの塩麹和えなど、甘酒(麹菌)、味噌(麹菌)、塩麹(麹菌)、きのこ(菌類)などを多用した料理が楽しめる。

 一方、麻布十番「ナポレオンフィッシュ」(東京都港区麻生十番1-6-7)は、貴州省・雲南省・広西省などの中国少数民族料理を提供する中華料理店。「菌活 いろいろきのこのガーリックフリット」「菌活 いろいろきのこのバナナリーフ包み焼き」を提供している。

 きのこの特徴の一つは、βグルカンというカラダにありがたい成分が含まれていることだ。このβグルカンには、免疫力を向上させる作用が期待できるとされている。市販されているきのこではマイタケに多くのβグルカンが含まれているなど、このようなことも意識して、菌活に取り組めば効果が倍増するだろう。また食物繊維が豊富な点も見逃せない。そこに含まれるビタミンB群などの作用からも、多彩な健康機能が期待できる。おいしくて食物繊維がとれるきのこは、「菌活」にもってこいなのだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top