ネットワールド、VDIオールインワンパッケージ「Networld SVP for VDI」発売 | RBB TODAY

ネットワールド、VDIオールインワンパッケージ「Networld SVP for VDI」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Networld SVP for VDI」に含まれるもの
  • 「Networld SVP for VDI」に含まれるもの
  • 「Networld SVP for VDI」のハードウェア構成
 ネットワールドは2日、サーバ2~3台だけで50~200ユーザー用の仮想デスクトップ基盤(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)を導入できるオールインワンパッケージ「Networld SVP for VDI」の販売を開始した。

 「Networld SVP for VDI」(SVP=Smart Virtualization Pack)は、仮想共有ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」を搭載し、サーバ上の内蔵ディスク領域をiSCSIの共有ストレージ領域として利用可能。これにより、外付けのSAN/NASストレージを不要としたのが特徴。VMware HAはもちろん、仮想マシンをダウンタイムゼロで移動可能なライブマイグレーションVMware vMotionも利用可能となっている。

 「StorMagic SvSAN」「VMware vSphere / VMware vCenter」「VMware Horizon View」「Microsoft Windows Server」など、Microsoft OSを含む、VDIに必要なソフトウェアが、ユーザー規模に応じた構成でプリインストールされている他、初期設定と3年間の保守までも基本パッケージに含まれる。100ユーザー以上には、インライン重複排除とRead(読み込み)/Write(書き込み)双方のキャッシュ技術によりI/O高速化とストレージ容量削減を実現する「Atlantis ILIO」を搭載する。

 ネットワールドは、「StorMagic SvSAN」を搭載した中小規模向けVDIオールインワン・パッケージを、2011年2月から、20~70ユーザーに対応可能な構成で提供。今回、シリーズを刷新して、50~200の範囲で、必要なユーザー数に合わせたシステム構成と価格で「Networld SVP for VDI」としてラインアップを再構築した。50~200の範囲で、必要なユーザー数に合わせたシステム構成と価格で提供する。参考価格は50 VDI用が1,180万円(税別)、200VDI用が3,860万円(税別)。

 今回発売する「Networld SVP for VDI」は、仮想デスクトップソフトウェアとして「VMware Horizon View」を搭載しており、年内には「Citrix XenDesktop」版の発売も予定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top