ZMP、車載LANデータとカメラ映像4chを同期計測可能なシステムを販売開始 | RBB TODAY

ZMP、車載LANデータとカメラ映像4chを同期計測可能なシステムを販売開始

ブロードバンド テクノロジー

データロガー利用イメージ(オプションのリモコン利用時)
  • データロガー利用イメージ(オプションのリモコン利用時)
  • エントリーパッケージ製品構成
  • blue PiraT2
ZMPは、独Telemotive社製最新型データロガー「blue PiraT2」とカメラをセットにし、全ての車載LAN規格のデータと最大4つのカメラ映像を同期計測できる「blue PiraT2 エントリーパッケージ」の販売を開始した。

blue PiraT2は、自動車業界向けに設計・最適化されたデータロガーで、CAN・LIN・MOST・FlexRay・Ethernetなど、全ての車載LAN規格のデータの監視と正確な記録が可能。マルチメディア入力に対応しており、動画4ch+音声1ch(オプションリモコン利用時)のデータを車載LANのデータと同時に取得ができる。

パッケージには、データロガー本体と、車両からCANデータを取得するOBDII接続ケーブル、車内外の様子を撮影するEthernetカメラおよびカメラライセンス、専用ケーブルが含まれる。

例えば、ドライバーの運転操作やインパネの表示画面の映像とCANデータを同期して取得しておくことで、ドライバーの誤操作なのか、インパネの表示情報の不具合なのか、ECU の不具合なのかを特定することに役立てることができる。また、前方の車両や歩行者の様子など、車外の映像とCANデータによる運転データを組み合わせることで、車線逸脱防止や衝突回避、オートクルーズコントロール機能の評価につながるデータ収集に活用できる。

価格は206万8500円。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top