瀬戸内海しまなみ海道、主塔に登る 4月20-21日 | RBB TODAY

瀬戸内海しまなみ海道、主塔に登る 4月20-21日

エンタメ その他

イメージ
  • イメージ
  • 来島海峡大橋(右上)と多々羅大橋
本州四国連絡高速道路は、瀬戸内の景色を楽しむ『春の塔頂体験ツアー』を4月20日と21日に開催する。

世界最大級の斜張橋「多々羅大橋」もしくは、世界初の三連吊橋「来島海峡大橋」の普段見ることができない主塔の中を歩行し、塔頂から瀬戸内の島々の景色を見ることができる。

開催日程は、4月20日と21日の2日間で、両日とも、午前の部・午後の部それぞれ5回行われる。開催場所は、多々羅大橋・大三島側の主塔と来島海峡大橋・来島海峡第三大橋の馬島側の主塔。

応募資格は、小学4年生以上(小中学生は保護者の同伴が必要)で、自己責任で3km以上の歩行と高さ20mの階段昇降ができ、高所及び閉所恐怖症でないこと。募集人数は合計で200名。集合場所は、多々羅大橋は、道の駅・多々羅しまなみ公園。来島海峡大橋は来島海峡SA。

ツアー内容は、案内者に従って5人ずつの班に分かれて、徒歩又は車で各主塔の所まで行き、塔内のエレベーターと階段で塔頂に上り、そこから瀬戸内の島々の眺めを10分程度楽しむ。所要時間は、1時間程度。参加費用は1人500円。

応募締め切りは、3月25日。申し込みは往復ハガキもしくは、webサイトより行う。

本四高速、しまなみ海道・春の塔頂体験ツアー参加者募集

《久保田雄城@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top