シマンテック、Stuxnetの“最古のバージョン”を発見……進化の過程が明らかに | RBB TODAY

シマンテック、Stuxnetの“最古のバージョン”を発見……進化の過程が明らかに

 シマンテックは1日、産業システムを標的にサイバー攻撃を行うマルウェア「Stuxnet」(スタックスネット)について、“最古のバージョン”といえるものを発見したとして、公式ブログで情報を公開した。

エンタープライズ セキュリティ
Stuxnet 0.5がイランのウラン濃縮施設に対して行った攻撃の戦略
  • Stuxnet 0.5がイランのウラン濃縮施設に対して行った攻撃の戦略
  • StuxnetのCommand & Controlサーバーのトップページ
  • 過去1年間に検出された潜伏感染
 シマンテックは1日、産業システムを標的にサイバー攻撃を行うマルウェア「Stuxnet」(スタックスネット)について、“最古のバージョン”といえるものを発見したとして、公式ブログで情報を公開した。

 それによると、従来はStuxnetのもっとも古い亜種として、2009年に作成された「バージョン1.001」の存在が判明していたが、最近シマンテックセキュリティレスポンスが解析したStuxnetのサンプルは、それよりも古いものだったという。コードを解析した結果、これは「バージョン0.5」というべき存在で、2007年から2009年の間に活動していたことが判明したとのこと。

 また、Stuxnetはコード内にバージョン番号を格納しており、このバージョンもしくはさらに古い亜種が、早くも2005年には活動していた形跡も見つかっている。そのほか、Flamerプラットフォームを使って作成されており、USBキーを含むStep 7プロジェクトへの感染で拡散したが、拡散は2009年7月4日に停止していることも明らかとなっている。バージョン1.xと同様、Stuxnet 0.5もきわめて複雑で高度なマルウェアであり、作成するには同じように高い技術力と労力が必要と見られる。

 なお、停止日が確認されているにもかかわらず、潜伏感染(Step 7のプロジェクトファイルで見つかったStuxnet 0.5)が、いまだに世界中で少数検出されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top