【MWC 2013 Vol.45(動画)】バルセロナ市内でNFC体験!割引サービスや観光インフォメーションなど | RBB TODAY

【MWC 2013 Vol.45(動画)】バルセロナ市内でNFC体験!割引サービスや観光インフォメーションなど

IT・デジタル フォトレポート

市内のバルで発見!
  • 市内のバルで発見!
  • サグラダ・ファミリア
  • 対応端末をタグにかざすとURLが表示される
  • MWCの登録IDを入力するとアプリが使用できる
  • 人気のバルらしく、たくさんの人で賑わっていた
  • クーポンアプリのトップ画面
  • 利用可能店舗一覧
  • 店舗の位置情報
 MWC 2013のメイントピックの一つであるNFC(Near Field Communication)。各社さまざまなソリューションを出展している他、MWCを主催するGSMAでは開催地のバルセロナ市と協力し、市内各所にNFCタグを設置して体験できるようにしている。

 昨夜、筆者も市内で人気のバルでたまたま“GET YOUR COUPON APP"と書かれたパネルを発見。さっそく手持ちの対応端末で試してみたが、Wi-Fi環境が悪く、URLは読み取れるものの肝心のクーポンアプリがインストールできず、泣く泣く諦めることにした。その後、環境の良い所で改めてアプリをインストールしてみると、クーポンが利用できる店の一覧や、地図サービスメニューがあり、店を選んで“Enjoy your gift”ボタンを押すと端末をタグにかざすように言われる。これを店頭でかざせばクーポンがもらえるのだろう。サービス対象店はレストランだけでなくブランド店などのショップも含まれているようなので、どこかでリベンジしたい。

 GSMAと協力し、今回NFCシステムを提供している企業によると、市内と会場内で合計1000箇所以上にNFCタグを設置しているという。レストランやショップは上述したクーポンが利用できるし、観光スポットなどではその場所のインフォメーションや写真、紹介ビデオなどのデジタルコンテンツにアクセス可能だそうだ。ヨーロッパではこうしたNFCの普及が進んでおり、たとえばバス停では時刻表のほか代替の移動手段について知ることができたり、美術館では作品の情報やビデオがみられるなど、さまざまな場所で利用が始まっているとのことだった。

 なお、MWCでは入場に際して毎回パスポート等フォトIDの提示が義務づけられているが、NFC対応端末を持っていれば「NFC Badge」による入場が可能で、「NFC Badge」アプリに写真を登録しておくことで、端末をリーダーにかざすだけで入場でき、IDの提示を省略できた。



《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top