【MWC 2013 Vol.43】Flash Airアプリによるタッチスクリーンシステム……カナダGLOBACORE社 | RBB TODAY

【MWC 2013 Vol.43】Flash Airアプリによるタッチスクリーンシステム……カナダGLOBACORE社

IT・デジタル その他

タッチ画面の動きは非常にスムーズだ
  • タッチ画面の動きは非常にスムーズだ
  • GLOBACOREのテーブルPCシステム
  • GLOBACOREのテーブルPCシステム
  • 黒いひし形の部分にIDカードをかざすとゲームのエントリーが可能
 MWC 2013、PayPalブースのほぼ中心に大きなテーブルPCが設定されていた。テーブル上の画面は4分割されており、来訪者はそこでクイズ形式のゲームを体験できるようになっている。

 クイズは、「eBayモバイルでは毎秒300ドルの決済がなされている。ウソかホントか?」といった内容で(ちなみに答えはTrue)、つまりは同社の広報なのだが、タッチセンサーの反応や操作性は高く、レスポンスもよい。ゲームのエントリーは入場者のIDカードでできるような仕組みも搭載されている。

 どんなシステムで構成されているのか興味を持ったので、スタッフに聞いてみた。

 このテーブルPCシステムを開発したのは、GLOBACORE Interactive Technologiesというカナダの会社。この会社は、イベントやショールーム向けの高機能なサイネージやテーブルPCなどを専門に手掛けているそうで、カナダのモーターショーではホンダのタッチスクリーンシステムも開発したという。ワンオフで大規模かつ高性能なサイネージなどを得意とする企業のようだ。

 4分割の画面はそれぞれが独立したPCで、システムとして特にユニークなものではなく、OSもWindowsとのこと。クイズアプリはAdobe AirによるFlashアプリとのことだ。その割にはタッチセンサーのレスポンスや制御はよくできており、センサーとその制御ミドルウェアに同社のノウハウがありそうだが、残念ながら詳しくは教えてもらえなかった。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top