ドコモ、起業支援「ドコモ・イノベーションビレッジ」本格始動……出資を行うファンド設立 | RBB TODAY

ドコモ、起業支援「ドコモ・イノベーションビレッジ」本格始動……出資を行うファンド設立

エンタープライズ 企業

「ドコモ・イノベーションビレッジ」ロゴ
  • 「ドコモ・イノベーションビレッジ」ロゴ
  • 「ドコモ・イノベーションビレッジ」紹介サイト
  • NTTグループの今後のベンチャー投資スキーム
 NTTドコモは7日、革新的なサービス・技術等を有するベンチャー企業・団体等を対象にした起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始した。昨年10月に、ベンチャーとの連携強化に向けた新たな取り組みとして発表したものとなる。

 「ドコモ・イノベーションビレッジ」の第1回プログラムの開始にあたり、2月7日~3月11日の期間で、さまざまな技術やビジネスモデル、アイディアを持った参加チームを募集する。第1回の募集テーマは、「グローバル・スタンダードになりうる、モバイルを活用したサービス」。

 応募企業・団体・個人のなかから、書類審査やプレゼンテーション、面接審査により、参加チームを選出。参加チーム(5、6チーム程度を予定)に対しては、200万円の助成金やオフィススペース等の開発環境の提供、経営やサービス開発に関するアドバイス等のさまざまな支援を行う。参加チームは、開発期間中(約5か月間)にサービスの開発を行い、2013年9月下旬に開催するリリースイベントにおいてサービス開発の成果を発表する。

 ドコモでは、優秀なサービスや技術を開発したチームに対して、ドコモのサービスとの連携やプロモーション支援等を実施する予定。さらに、ドコモのコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」からの出資を検討するとのこと。

 なお、ドコモの子会社であるDOCOMO Capital, Incは、シリコンバレーにおいてトップクラスの起業支援事業者である「500 Startups」が運営するベンチャーファンド「500 Startups II, L.P.」へ出資を行うことを同日発表している。この出資を機に、ドコモと500 Startupsは連携を図り、「ドコモ・イノベーションビレッジ」において、500 Startupsのパートナーによる講演やメンタリング等を実施する。

 さらにドコモは、日本電信電話(NTT)の子会社としてコーポレートベンチャー投資ファンドの運用管理を行っているNTTインベストメント・パートナーズ(NTT-IP)の全株式をNTTより譲受け、NTTグループを代表してベンチャー企業との連携を強化することも発表した。NTT-IPの商号変更を行い、新たなファンド運営会社「ドコモ・イノベーションベンチャーズ(DIV)」を、2013年2月下旬に設置する。同時にドコモは、ベンチャー企業への出資を行うコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合(DIファンド)」(運用総額100億円)を2013年2月下旬に設立。DIファンドは、運用総額100億円を通じて、有望なサービスや技術を持つベンチャー企業や、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」発のスタートアップ企業等に対して出資を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top