セガ、400台のアクセスポイントによる大規模無線LAN | RBB TODAY

セガ、400台のアクセスポイントによる大規模無線LAN

 マクニカネットワークスとソフトバンク・テクノロジー、アルバネットワークスは6日、セガに大規模無線LANシステムを導入したと発表した。

ブロードバンド その他
 マクニカネットワークスとソフトバンク・テクノロジー、アルバネットワークスは6日、セガに大規模無線LANシステムを導入したと発表した。

 セガでは東日本大震災による電力不足への対応として、電力消費量が多いデスクトップPCからノートPCへの移行を推進。無線LANの全社全フロアへの導入計画が検討されていた。同社では、これまで部署ごとに契約していた自立型のアクセスポイントを集約し、約400台のアクセスポイントを集中管理することで運用負荷を軽減させることにつながったという。出力の自動調整で、レイアウト変更に動的に対応できる点も評価された。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top