日本エイサー、「eMachines」製品開発を終了……Acerブランドへ統合 | RBB TODAY

日本エイサー、「eMachines」製品開発を終了……Acerブランドへ統合

 日本エイサーは4日、低価格PCブランドとして展開していた「eMachines」ブランド製品の開発を終了し、Acerブランドへ統合すると発表した。eMachines製品のサポート業務については継続する。

IT・デジタル デスクトップPC
eMachines製品のサポートは当面継続。Webサイトは、2013年12月31日まで販売中の製品やサポート情報を掲載する
  • eMachines製品のサポートは当面継続。Webサイトは、2013年12月31日まで販売中の製品やサポート情報を掲載する
  • 低価格PCブランドとして定評があった
 日本エイサーは4日、低価格PCブランドとして展開していた「eMachines」ブランド製品の開発を終了し、Acerブランドへ統合すると発表した。eMachines製品のサポート業務については継続する。

 日本エイサーによれば、「eMachines」ブランドの統合は、「経営資源を集中し成長戦略をさらに加速するため」としている。

 販売中および販売済みのeMachines製品については、サポート業務を継続。eMachinesのWebサイトは、2013年12月31日まで販売中の製品やサポート情報の掲載を継続するという。2014年以降の掲載については、決定次第改めて公表するとしている。

 「eMachines」は、日本では2002年に販売を開始。2004年にGatewayに買収され、2007年にそのGatewayがAcerに買収された。その後も「eMachines」はAcerの低価格PCブランドとして定評があった。Acerは1月に1億ドル以上の損失が明らかになっており、ブランドを統合してコストの削減、新製品開発を行っていく。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top