エネルギアコム、標準提供中の「マカフィー」セキュリティサービスをマルチデバイス対応に | RBB TODAY

エネルギアコム、標準提供中の「マカフィー」セキュリティサービスをマルチデバイス対応に

 エネルギア・コミュニケーションズ(エネルギアコム)は1日、同社のインターネット接続サービスにおいて標準装備として提供中の「マカフィー」セキュリティサービスに関して、マルチデバイス対応を3月より開始することを発表した。

ブロードバンド セキュリティ
マルチデバイス対応のイメージ図
  • マルチデバイス対応のイメージ図
  • Android対応のスマートフォン・タブレット端末向けセキュリティの機能(抜粋)
 エネルギア・コミュニケーションズ(エネルギアコム)は1日、同社のインターネット接続サービスにおいて標準装備として提供中の「マカフィー」セキュリティサービスに関して、マルチデバイス対応を3月より開始することを発表した。

 ギガ王、メガ王、光マンションを含むインターネット接続サービスで、メガ・エッグファイバー/光マンションのファミリーコース、ファミリーコースプラスおよびメガ・エッグファイバーライトが対象となる。

 エネルギアコムでは、Windowsパソコン向けに「マカフィー」のセキュリティサービスを提供していたが、今回メガ・エッグで初めて、マルチデバイスに対応する。これにより、Androidのスマートフォン・タブレット端末、Windows、Macなど、5台までの端末で自由に組み合わせて、追加契約や料金負担なくセキュリティサービスが利用できる。利用方法は、提供開始次第、メガ・エッグ会員サイトに掲載される予定。

 なお、Android対応のスマートフォン・タブレット端末向けの機能としては、ウイルス・スパイウェア対策のほか、Webサイトの安全性評価、盗難防止(ロック&機密情報削除)、オンラインバックアップなどが提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top