全国どこからでも毎日ネイティブ講師と英会話、バーチャル英会話教室 | RBB TODAY

全国どこからでも毎日ネイティブ講師と英会話、バーチャル英会話教室

ブロードバンド その他

NTTラーニングシステムズの三竹保宏氏
  • NTTラーニングシステムズの三竹保宏氏
  • 三竹保宏氏
  • 高校でバイリンガルの先生1人につき、3人の生徒で授業
  • 生徒同士のロールプレイ
 顧客満足度で評価する「イード・アワード2012 英会話スクール」のオンライン英会話において、「バーチャル英会話教室」が最優秀賞を受賞した。同サービスを提供するNTTラーニングシステムズ ネットラーニング推進部ネット語学部門長の三竹保宏氏に、受賞の感想やサービスの特長を聞いた。

--今回の受賞をどのように受け止めていらっしゃいますか。

 上司から受賞を知らされ、他部署からもサイトで発表を見たと知らされて大変驚きました。バーチャル英会話教室は2010年の11月にスタートし、まだまだこれからだと、よりよいサービスにするために日々努力しているところでしたので、まさかこのような賞をいただけるとは思っていませんでした。もちろん、とても嬉しく思っています。

 講師たちも大変喜んで、自分たちがこのように評価される仕事をしていたことに、大変誇りを感じているようです。

--バーチャル英会話教室の特長についてお聞かせください。

 「バーチャル英会話教室」は、NTTラーニングシステムズとアルクが共同開発し、2010年11月に提供を開始したもので、月額7,980円で、事前予約なしで毎日ネイティブ講師と英会話ができるサービスです。

 インターネットができる環境と、パソコン、ヘッドセットさえあれば、どなたでも自宅から好きなときに学習ができる、オンラインの英会話教室です。

 バーチャルであっても、ネットならではの利点を生かし、リアルな教室と同等かそれ以上の質を提供できていると自負しています。

 たとえば、オンラインなので全国どこからでも学習できますし、時間の制約も受けません。対面で会話はできなくても、Webカメラで講師とリアルタイムで会話ができます。会話には生徒はアバターを使用し、顔や部屋のようすを見られることはありませんので安心です。

 チャット機能を併用して会話を補完したり、パソコンの画面に、動画やスライドを表示し、それを見ながら指導できる点は、オンラインならではの利点だと思います。先生1人に対して4人まで受講でき、スケジュールに空きがあれば、予約なしでいつでも受講できる手軽さも好評をいただいています。

--どのようなコースがありますか。

 ビジネス英会話と一般英会話のコースがあり、それぞれに入門、初級、中級、上級の4つのレベル分けがあります。そのほか、企業や学校ごとにカスタマイズしたコースを提供する場合もあります。

--学校ではどのように利用されていますか。

 成功例としては、新潟県の高校での導入事例があります。通常の学校の授業ではALT(Assistant Language Teacher:外国語指導助手)1人につき30人程度の生徒を指導しますが、バーチャル英会話教室を活用した授業では、バイリンガルの先生1人につき、3人の生徒で授業を行います。少人数なので英語を話す機会が増え、目に見えて英会話力が向上するのがわかります。自分の発した英語が講師に通じると、生徒たちは嬉しいらしく、それがやる気につながっているようです。

 この授業をきっかけに、もともとは英語が好きではなかったのに、「将来は英語を使った仕事がしたい」「留学をしたい」という生徒も出てきました。この高校では、一般英会話のコースに加えて、英検2次試験面接演習を行い、その後、英検を受験した生徒全員が合格を達成しました。

--どういう方が講師をされていますか。

 日本国内では北海道から沖縄までの全国から、海外も、アメリカ、イギリスなどから登録していただいている先生が約120名います。いずれも独自の研修を受け、しっかり訓練された先生たちです。

 バイリンガルの先生が3分の1程度、残りはネイティブで、入門~初級クラスでは、バイリンガルの先生が日本語も交えながら指導しています。

--バーチャル英会話教室の強みは何でしょうか

 品質の高さではないでしょうか。私たちは、立ち上げ当初から、「教師」「教材」「システム」の3つにおいて、すべて高品質のものを提供することを目指してきました。

 しっかり訓練された先生方が指導に当たっていること、通信の英語教育では歴史のあるアルクとの協業によって、質の高い教材を提供していること、NTTが開発した、高品質の音声と安定性のあるWeb会議システム「MeetingPlaza」(NTTアイティ)を利用していることが何よりの強みです。

--スマートフォン向けのサービスも提供されていますね。

 セレゴ・ジャパンが提供する、iKnowと連携したもので、効率よくボキャブラリーの学習をすることができるサービスを提供しています。英語を話せるようになるためには、語彙力が不可欠です。iKnowの「バーチャル英会話教室専用コース」で、教材に沿った単語やフレーズを学習でき、覚えた単語やフレーズを、講師との会話に使うことで、着実に語彙力を増やしていきます。

--準備されているサービスについて教えてください。

 今年の3月から、ワンツーワンレッスンをスタートする予定です。現状の1対4のレッスンは、他人の話す英語を聞いて学ぶことができるというメリットがありましたが、より、一人一人のニーズに合ったレッスンをするためには、1対1にもメリットがあります。教材を、生徒さんの要望に合わせて複数の中から選択できるようにすることも考えています。また、スマホやタブレット端末でもワンツーワンレッスンを受講できるシステムも構築中です。

 「バーチャル英会話教室」では、7日間の無料体験が受講できるので、気軽に体験していただきたいと思っています。

--ありがとうございました。

 これまでの通所型の英会話スクールに加え、あらたな語学習得の手段として、自宅で好きな時間に学べるオンライン英会話が注目されている。「バーチャル英会話教室」はそうしたサービスのひとつで、大人ばかりではなく、学校への導入も行われており、子ども達が生きた英会話を学べる機会にもなっている。

 リセマムとRBB TODAYは2012年10月10日〜10月23日、ビジネスパーソンおよび大学生・大学院生を対象に英会話スクール(教室・オンライン)の顧客満足度調査を実施し、「イード・アワード2012 英会話スクール」として最優秀賞および各部門賞を発表した。「バーチャル英会話教室」は、「オンライン英会話」で総合最優秀賞のほか、「レッスンプランの充実度」「サポートの満足度」で部門賞も獲得した。

◆イード・アワード2012 英会話スクール
 >>> http://resemom.jp/feature/english-school-award2012/
《石井 栄子》

関連ニュース

特集

page top