楽天、岩手県下7市町村の新成人1644名に「kobo Touch」を寄贈 | RBB TODAY

楽天、岩手県下7市町村の新成人1644名に「kobo Touch」を寄贈

エンタープライズ 企業

岩手県出身作家の作品や地元にちなんだ作品を紹介
  • 岩手県出身作家の作品や地元にちなんだ作品を紹介
  • 「楽天ふるさとプロジェクト」ページ
  • 電子ブックリーダー「kobo Touch」
 楽天と岩手県は11日、地域活性化・教育支援を目的に、要望のあった岩手県下7市町村に、電子ブックリーダー「kobo Touch」を寄贈する「楽天ふるさとプロジェクト」を発表した。明日1月12日から開始する。

 「楽天ふるさとプロジェクト」による「kobo Touch」の寄贈先と対象人数は、大船渡市:450名、釜石市:264名、紫波町:380名、陸前高田市:270名、大槌町:150名、平泉町:90名、田野畑村:40名の、新成人1644名が対象。大船渡市に関しては、成人式内にて贈呈式を執り行うとのこと。

 あわせて寄贈にあたり、各市町村の推薦による書籍の他、本田有明作「宮沢賢治のことば」、石川啄木作「一握の砂・悲しき玩具」、河原れん作「ナインデイズ 岩手県災害対策本部の闘い」といった、岩手県出身作家の作品や地元にちなんだ作品、自己啓発作品、震災関連作品などを紹介する特集を、楽天の企業サイトの社会貢献活動(CSR)紹介コーナー内に加え、「koboイーブックストア」内に開設する。「koboイーブックストア」内に、地域に焦点をあてたコンテンツの特集ページを開設するのは、今回が初とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top