【CES 2013】パナソニック津賀社長 オープニング基調講演[動画] | RBB TODAY

【CES 2013】パナソニック津賀社長 オープニング基調講演[動画]

IT・デジタル その他

CES 2013、パナソニック津賀社長 オープニング基調講演
  • CES 2013、パナソニック津賀社長 オープニング基調講演
 8日、世界最大級の電子家電展示会「2013 International CES」の開催に際し、パナソニック津賀一宏社長がオープニング基調講演を行ない、パナソニックのビジョンを伝えた。以下はその要旨。

●挨拶 (Opening Remarks)

 多くの人はパナソニックと聞くと、テレビの「マニュファクチャリングカンパニー」だとイメージする。本日は、「エコ・エンジニアリングカンパニー」という「パナソニック」をお伝えしたい。

 パナソニックの描く未来は、一つの商品カテゴリーを超え、パナソニックの貢献は、リビングルームを超えて広がっている。当社は、お客様のお役に立てる場として、「住宅空間」「非住宅空間」「モビリティ」「パーソナル」の4つの領域にフォーカスして事業活動を行なっている。お客様がどこにいるときでも、お客様のくらしの価値を高めたい。そのために、ハードウェア単体の販売にとどまらず、ソフトフェアやサービスを含めたトータルソリューションを提供する新しいビジネスモデルを通じ、大きな成長が期待できるB to B事業を最大化していく。

●Your TV

 アメリカのテレビ産業は、次の5年で、これまでの25年以上の変化が起こると思われる。お客様はテレビに対し、コンテンツへの簡単なアクセスや、柔軟な選択肢、シンプルで直感的なユーザーエクスペリエンスなど、テレビに、単に画質が美しい以上の多くのものを望んでいる。

 パナソニックの「Your TV」は、パーソナライズ機能とカスタマイズ機能により、放送チャンネルやビデオ・オン・デマンド、スマート検索、ワンタッチで楽しめるソーシャル体験など、新しいサービスをお客様に提供する。

 「Your TV」のコンセプトは、パナソニックの方向性そのもの。ハードウェアメーカーからトータルソリューションやサービスプロバイダーへの事業領域の拡大や、他のグローバルリーダーと連携、さらにはお客様との深く長い関係構築による、お客様価値の提供。こうした取り組みにより、パナソニックの新しい時代が始まる。

●Your Home(この項のスピーカー:ジョゼフ・テーラー役員)

 パナソニックの将来においては「エネルギー」と同様に「クラウド」が重要な役割を果たす。クラウドは、機器をつなぐだけでなく、家の中でも外でも、必要なことを予想し、それに応えてくれる。このビジョンを実現するために、パナソニックはいくつかの世界的なIT企業とパートナーシップを結んだ。

●Your Car

 パナソニックは、自動車産業界をリードするメーカーとのビジネスを拡大する戦略として、2つの重要な領域にフォーカスしている。1つは、当社の家庭におけるエナジーソリューション技術を活用した、EVなどのエコカーへのトータルソリューション展開。もう1つは、“つながる”ホームAVソリューション技術を活用した、コネクティッドカーソリューションの提供だ。

●Your Community(この項のスピーカー:テーラー役員)

 今夏、パナソニックノースアメリカ本社ビルを、セコーカスから、ニュージャージー州ニューアーク市の新社屋に移設する。当社の環境技術や公共交通機関の利用により、CO2排出量をトータルで50%削減する。当社入居スペースは、エネルギーと環境に配慮したデザインの評価制度LEEDプラチナに適合している。

●挨拶 (Closing Remarks)

 地球上の人の数だけ、「より良い世界」のビジョンがある。本日は、お客様とともに一歩ずつ「より良い世界」をつくっていくとコミットメントした。

 本日の発表は、皆さんがこれまで知っているパナソニックとは異なっていたかもしれない。しかし、目標の達成のために当社に求められる変革と革新の必要性は、かつてないほど大きい。

 一方で、パナソニックの基本理念は変わらない。「物を作る前に人を作る」、「産業報国の精神」、「お客様大事の心」。そして、「エコ&スマートソリューション」で大切なものをよりよくしていくこと。これが今も昔も変わらないパナソニックの姿だ。


《高木啓》

関連ニュース

特集

page top