あなたは知らない間に、インフルエンザを他人にうつしていたかも…? | RBB TODAY

あなたは知らない間に、インフルエンザを他人にうつしていたかも…?

エンタメ その他

Q:自宅期間中に外出をしたことはありますか?
  • Q:自宅期間中に外出をしたことはありますか?
  • Q:自宅期間中に外出をしようと思った理由は?
  • 汚れ落とし効果検証試験
  • 外出で出かけた先はどこですか。/外出に使った公共の乗り物は何ですか。
 レキットベンキーザー・ジャパンが展開する薬用せっけんの「ミューズ」は、2012年11月に、昨年冬にインフルエンザを発症した20~50代の男女400人を対象に、インフルエンザと自宅待機期間の過ごし方に関する意識調査を実施した。

 11月21日には今季初となるインフルエンザでの学級閉鎖が出るなど、今年もインフルエンザウイルスに注意すべき時期となった。特に、12月~3月は、冷たい空気によってのどや鼻の粘膜が弱まり、逆にウイルスにとっては気温の低さと乾燥で生きやすい環境となるため、爆発的に流行する傾向にある。

 通常はインフルエンザの診断を受けた場合、症状が落ち着いてからもウイルスが体内に潜伏している可能性が高く、熱が下がってから2日、あるいは症状が始まった日の翌日から7日目までは、できるだけ外出しないという指針がある。しかし、その自宅待機期間中に「外出したことがある」と答えた人が全体の30.5パーセントにも及ぶことが判明した。年代別で見てみると、20代40パーセント、30代34パーセント、40代31パーセントとなっており、若い世代は特に、待機期間に外出してしまう傾向があることが分かった。

 外出をした理由としては「食べ物・飲み物の調達のため」というケースが最も多かったが、「熱が下がったから」、「体のダルさが軽減したから」という、他人にうつすことへの意識が低いと思われる理由での外出も高い結果が出た。また、「仕事が休めなかったから」との回答も24.6パーセントと多い。

 外出時の行き先で、最も多かったのは「スーパー」の55.7パーセント、次に「コンビニ」の43.4パーセントとなった。また「会社などの仕事」も32パーセントと多く、会社で同じ空間にいることになる同僚や、ミーティングを行った取引先などにウイルスが拡散されていると予想される。

 更に、それらの場所に行く交通手段として、「バス」が22.1パーセント、「電車」が19.7パーセントと、公共交通機関を利用している人が多いことが明らかになった。移動中にインフルエンザウイルスがばらまかれてしまう危険性は避けられない。

 今回の調査で、インフルエンザにかかった人の多くが、ウイルスが体内に潜伏している状況で、公共機関を使った外出を行っていることが分かった。インフルエンザにかかったら、医師の指示に従い、症状が落ち着いた後も自宅待機を全うすることが、インフルエンザの流行を防ぐためには重要である。また、予防接種や体内に持ち込まないためのマスクの着用や手洗いなど、正しい予防や対策を行うことも重要である。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top