KDDIが業務用端末をスマートフォンに置き換え、セキュリティ対策にTMMS | RBB TODAY

KDDIが業務用端末をスマートフォンに置き換え、セキュリティ対策にTMMS

ブロードバンド セキュリティ

トレンドマイクロ株式会社は12月5日、KDDI株式会社が業務に利用するスマートフォン、タブレット型のAndroid端末のセキュリティ対策にモバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトウェア「Trend Micro Mobile Security」(TMMS)が採用されたと発表した。KDDIでは、従業員が利用するスマートフォン5,000台、個人客向けに端末を販売するauショップで利用するタブレット端末5,000台、法人客向けにプレゼンテーションなどを行うタブレット端末5,000台、計15,000台にTMMSを導入した。

KDDIでは、業務効率化、生産性向上を目的に従業員約11,000人が利用する携帯電話を2012年2月よりスマートフォンへ順次置き換えを進め、2012年9月時点で5,000台がAndroidのスマートフォンに移行された。全従業員の約半数がスマートフォンで社外からイントラへアクセスし、アドレス帳やスケジュールを管理している。TMMSの採用により、不正アプリの検索や不正なWebサイトへのアクセスを防止するとともに、OSやパターンファイルのバージョンなど各端末のセキュリティ対策状況を一元管理している。今後KDDIでは、全社員の携帯電話がスマートフォンへ移行される予定だという。

KDDIが業務用端末をスマートフォンに置き換え、セキュリティ対策にTMMS(トレンドマイクロ、KDDI)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top