シャープ、太陽電池セルで世界最高の変換効率を達成 | RBB TODAY

シャープ、太陽電池セルで世界最高の変換効率を達成

エンタープライズ ハードウェア

太陽電池セル(化合物3接合型)
  • 太陽電池セル(化合物3接合型)
  • 化合物3接合型太陽電池セルの構造
  • 太陽光エネルギーと化合物3接合型太陽電池の感度の波長分布
 シャープは5日、3つの光吸収層を積み重ねた「化合物3接合型太陽電池セル」において、世界最高変換効率を達成したことを発表した。12月5日現在、研究レベルにおける非集光太陽電池セルにおいて最高となる「37.7%」の変換効率を記録したとのこと。

 「化合物太陽電池セル」は、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を持つ変換効率の高い太陽電池。今回シャープでは、3つの層を効率よく積み上げて製造する独自の技術を採用し、太陽光の波長に合わせて効率よく光を吸収し電気に変換可能とした。産業技術総合研究所(AIST)において、世界最高変換効率を更新する測定結果が確認された。

 今後は、レンズで集光した太陽光を電気に変換する「集光型発電システム」用、人工衛星などの宇宙用、移動体用などのさまざまな用途での実用化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top