Windows 8対応「ATOK 2013」、来年2月8日発売……プレビュー版が本日公開 | RBB TODAY

Windows 8対応「ATOK 2013」、来年2月8日発売……プレビュー版が本日公開

ブロードバンド その他

「ATOK 2013 for Windows」パッケージイメージ
  • 「ATOK 2013 for Windows」パッケージイメージ
  • Windows 8に対応
  • 変換候補をタッチキーボードの近くに配置
  • Windowsストアアプリで使用する際には、ATOKの候補表示がシンプルになる
  • デスクトップアプリの場合
 ジャストシステムは4日、Windows 8に完全対応した、日本語入力システム「ATOK 2013 for Windows」を発表した。2013年2月8日より発売を開始する。

 「ATOK 2013」は日本語入力システム「ATOK」の最新版で、Windows 8に完全対応し、Windowsストアアプリとタッチキーボード向けに最適なインターフェイスを新たに搭載した。また、キーボードでの入力に加えて、タッチキーボード、音声での入力に対応した。

 ラインアップとしては「ATOK 2013[ベーシック]」を税込8,400円、上位版の「ATOK 2013[プレミアム]」を12,600円で販売。プレミアム版では、クラウド上のATOK連携電子辞典から、入力中のことばの意味をすぐに調べられる「ATOKクラウド辞典サービス」が提供される。

 「ATOK 2013」は、Windows 8のWindowsストアアプリ上でも、デスクトップ上で動作するアプリと学習履歴やユーザー辞書、環境設定を共有できるので、常に使い慣れた入力環境が利用できるとのこと。また、視線や指の移動量が少なく、効率的に入力できるタッチキーボードのインターフェイスを新たに設計。候補ウィンドウは、ユーザー自らが最適な表示位置を選ぶこともできる。推測候補を次々と表示するので、少ないタッチ数で誤りのない入力が行え、「ATOK」ならではの校正支援機能、入力支援機能を利用した入力も可能だ。また、候補の長押しで連携電子辞典を参照できるなど、タッチキーボードでの入力が便利になる機能も搭載した。

 そのほか誤字脱字を防ぐ機能や、同音語の誤変換を指摘する機能に加え、変換辞書の語彙・用例を拡充。TwitterやFacebookなど、身近なことばで発信する機会の増加にともない、改まった文章も身近なことばもスムーズに変換できるようチューニングされている。

 さらに音声認識ソフト「ドラゴンスピーチ11J」と連携し、音声入力が可能となった。「ドラゴンスピーチ11J」が認識した文字を「ATOK 2013」で変換する「ATOK辞書モード」を使えば、同音語をより高精度に変換でき、校正支援機能を使って話し言葉にありがちな「ら抜き」「さ入れ」ことばなども確認しながら、音声をテキスト化できる。

 「ATOK 2013[プレミアム]」は、「ATOK 2013 [ベーシック]」の機能に加え、プレミアム版限定の機能や変換辞書・連携電子辞典を搭載している。変換中のことばからリアルタイム翻訳が行える「8カ国語クラウド翻訳変換for ATOK」(2014年5月までの期間限定提供)、Excel内の単語やフレーズを変換候補として表示する「ATOKダイレクトfor Excel」などの機能に加え、変換辞書・連携電子辞典として『ジーニアス英和辞典 第4版』『ジーニアス和英辞典 第3版』(ともに、大修館書店)を収録している。

 プレミアム版では、クラウド上にあるATOK連携電子辞典から、入力中のことばを検索して、電子辞典の該当個所を参照できる「ATOKクラウド辞典サービス」を新たに提供(利用開始から12か月間、使用可能)。クラウドサービスのため、常に最新の電子辞典を活用できる。サービス開始時には『スーパー大辞林3.0』『ウィズダム英和辞典 第3版』(ともに、三省堂)の提供を予定しており、順次、提供する電子辞典は追加される。

 また、総項目約26万語、カラー図版1万点以上を収録の本格国語辞典「デジタル大辞泉」(小学館)を新たに搭載される。時事用語から、人名、動植物名、科学関連、生活用語まであらゆるジャンルを網羅し、外国語、外来語、和製英語も豊富に収録している。漢字項目には詳しい解説を加えているので、漢和辞典のように活用することも可能だ。

 なお、「ATOK 2013」(製品版)の発売に先駆けて、「ATOK 2013 for Windowsプレビュー版」が4日より「ATOK.com」にて公開中。2013年2月7日まで無料で利用可能となっている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top