LINE、アバターサービス「LINE Play」を開始……12月以降に正式オープン | RBB TODAY

LINE、アバターサービス「LINE Play」を開始……12月以降に正式オープン

ブロードバンド その他

簡単・手軽にアバターの作成が可能
  • 簡単・手軽にアバターの作成が可能
  • 「LINE Play」イメージ画像
  • 「アクションスタンプ」で表情豊かなコミュニケーションが可能
  • お気に入りのファッション・インテリアアイテムで、自分だけのコーディネートが楽しめる
 NHN Japanは21日、無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」の連携サービスとして、アバターコミュニティサービス「LINE Play」をプレオープンした。基本スタンプや、気軽に遊べるミニゲームを追加するなど、12月以降に正式オープンの予定。

 「LINE Play」は、ユーザーが作成したキャラクター(アバター)やマイルームを装飾してコミュニケーションを楽しむことができるスマートフォン向けアバターコミュニティサービスとなっている。アバターは、自分の顔をカメラで撮影し、自分そっくりのアバターを自動作成できる。目・鼻・口など任意のパーツを組み合わせて好みのアバターを作成することも可能。

 作成したアバターは、「LINE Play」内での「トーク」にて友だちと1:1のチャットを楽しんだり、「ラウンジ」にて共通の興味関心を持つユーザー同士でグループチャットを楽しんだりできる。また、さまざまな動作をさせることができる「アクションスタンプ」も用意されている。

 マイルームに設置された「ショップ」では、2,000種類以上のファッション・インテリアアイテムを販売。マイルームや友だちのルームで、食事・入浴・睡眠・水やりなどのアクションを通して貯めることができる仮想通貨「ジェム」を利用して、アイテムは購入することができる。

 プライバシーへの配慮としては、友人関係以外のユーザーによるマイルームへの訪問や、アバター検索の可否設定など、詳細に設定できる管理機能が搭載されている。また、「ラウンジ」内でのLINE ID交換や公序良俗に反する発言を自動排除したり、サービス内の有人パトロールを24時間体制で実施したりする予定だとしている。利用料は無料(一部アイテムは有料販売)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top