更新の未適用率が高いのはJavaおよびAdobe製品 | RBB TODAY

更新の未適用率が高いのはJavaおよびAdobe製品

 日本マイクロソフトは、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第13版」を公開した。

ブロードバンド セキュリティ
2012年上半期における業界の脆弱性露見
  • 2012年上半期における業界の脆弱性露見
  • 2011年以降の各四半期にMicrosoftマルウェア対策製品がエクスプロイトを検出・ブロックした一意のPCの数
  • 「Keygen」の例
  • セキュリティ更新プログラムの未適用率
日本マイクロソフト株式会社は11月14日、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第13版」を公開した。本レポートでは、マイクロソフト製およびサードパーティ製ソフトウェアにおけるソフトウェアの脆弱性とエクスプロイト、悪意のあるコードによる脅威、および望ましくない可能性のあるソフトウェアについて綿密な全体像をまとめたもの。過去数年間分、特に2012年上半期の傾向に注目して傾向分析を詳細に行っている。

2012年上半期における業界の脆弱性露見は2011年下半期から11.3%、2011年上半期から4.8%増大、徐々に減少していた動きとは逆の傾向となった。増加の大半はアプリケーションの脆弱性によるもので、OSの脆弱性は依然減少傾向にある。エクスプロイトでは、2012年上半期はHTMLまたはJavaScriptを介して広まったエクスプロイトを報告しているPCの数が依然として多く、その主な原因は「Blacole」が引き続き流行しているためとしている。

脅威のファミリでは、さまざまなソフトウェア製品のプロダクトキーを生成するツール「Keygen」が最も多く検出された。レポートが対象としている105の国および地域でトップ10の脅威に入っている割合は98%、またKeygenの検出があったPCの76%以上が他のマルウェアの検出を報告している。セキュリティ更新プログラムの未適用率では、最新の更新が未適用であるのは「Oracle Java」が94%と最も多く、「Adobe Flash Player」70%、「Adobe Reader」60%と続いた。このトップ3は最新3つの更新すべて未適用でも変わらなかった。

更新の未適用率が高いのはJavaおよびAdobe製品--マイクロソフトレポート(マイクロソフト)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top