銀行強盗はやるもんやない、観るもんや!…まぬけな銀行強盗エピソード | RBB TODAY

銀行強盗はやるもんやない、観るもんや!…まぬけな銀行強盗エピソード

エンタメ 映画・ドラマ

打ち合わせ中。『黄金を抱いて翔べ』
  • 打ち合わせ中。『黄金を抱いて翔べ』
  • 銀行押し入りました。『黄金を抱いて翔べ』
 作家・高村薫のデビュー作『黄金を抱いて翔べ』を、鬼才・井筒和幸監督が描いた映画『黄金を抱いて翔べ』が上映中だ。本作はメガバンクの地下に眠るという240億円相当の金塊を強奪する作戦を描くが、まぬけな銀行強盗エピソードもある。

 最近では銀行強盗が成功した例はめったにないが、それでも挑む人間はいるもので、しかもお粗末な理由で失敗している。映画『黄金を抱いて翔べ』関係者が、世界中から本当にあった間抜けな銀行強盗エピソードを集めた。

●おもちゃの拳銃で犯人が押し入った銀行の支店は17年前に移転しており、ATMがあるだけで建物はリハビリ施設として使用されていた。<ドイツ>
●もともと取引していた銀行に押し入り400万円相当の現金を持ち去ったはいいが、数分後に戻ってきて、借金の一括返済をしたいと申し出た。犯人は押し入ったときとまったく同じ赤いスニーカーを履いていたので、すぐ行員にばれてしまった。<セルビア>
●これから押し入るつもりの銀行に先に電話をかけ「金をバックに入れて用意しておけ。さもなければ血の海にするぞ」と脅した犯人。その後、銀行にやってきた犯人は待ちかまえていた警察に逮捕された。<アメリカ>
●銀行窓口で犯人が「有り金を全部よこせ」と書いたメモを見せたところ、係員と客から「順番を飛ばさないように」と叱られ、何もとらずに出て行った。<アメリカ>
●女装して銀行に押し入った犯人。どう見ても男にしか見えず、逃げたはいいが目立ち過ぎて簡単に捕まってしまった。<オーストリア>
●「強盗だ! 手を挙げろ!」と叫んだ犯人が手に持っていたのはスプーン。行員たちは失笑し、犯人は何もとらずに逃げた。<ポーランド>

 以上、ネタとしては面白いエピソードだが犯罪は犯罪。銀行強盗をテーマにした映画やドラマ、小説などは多々あるが、現実に成功した例はなきに等しいと言われる。防犯装備や対策訓練が充実しているため、検挙率が高いことが理由か。犯罪件数も減っているようだ。

映画『黄金を抱いて翔べ』ストーリー …… 犯罪者相手の調達屋をしている幸田は、友人・北川から、大阪市の住田銀行本店地下にあるという240億円相当の金塊強奪作戦をもちかけられる。だがチームの周囲で謎の事件が次々と発生、計画は思いもよらぬ方向へと進んでゆく---。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top