JVCケンウッド、スマホを内蔵して浴室でも使用できる防沫スピーカー……通話やタッチ操作も可能 | RBB TODAY

JVCケンウッド、スマホを内蔵して浴室でも使用できる防沫スピーカー……通話やタッチ操作も可能

 JVCケンウッドは1日、浴室でも使用でき、スマートフォンをすっぽり内蔵できる防沫仕様のポータブルスピーカー「SP-AW500」を発表した。販売開始は12月上旬で、価格はオープン。予想実売価格は5,000円前後。

IT・デジタル 周辺機器
色はピンク、ブルー、ホワイトの3色を用意。前面にスマホがすっぽり収まる
  • 色はピンク、ブルー、ホワイトの3色を用意。前面にスマホがすっぽり収まる
  • ブルーモデル
  • ホワイトモデル
 JVCケンウッドは1日、浴室でも使用でき、スマートフォンをすっぽり内蔵できる防沫仕様のポータブルスピーカー「SP-AW500」を発表した。販売開始は12月上旬で、価格はオープン。予想実売価格は5,000円前後。

 「SP-AW500」は、前面にシリコンシートを装着。このため中にセットしたスマホや音楽プレーヤーの操作が行えるようになっている。IPX4相当の防沫仕様(いかなる方向からの水の飛沫を受けても影響ない)となっており、浴室やキッチン、洗面所などでも使用でき、濡れた手での操作も可能だ。

 プレーヤーとの接続は4極のステレオミニプラグを使用しており、対応のスマホであれば、スピーカー側にある「MUSIC/PHONE」ボタンでも操作できる。マイクも内蔵しており、ハンズフリー通話や音声認識機能を利用した音声検索なども行える。

 スピーカーユニットが口径28mm×2で、実用最大出力が450mW×2。本体サイズは幅215mm×高さ150mm×奥行73mm、重量は40g(乾電池含まず)。電源は単3乾電池4本で、電池持続時間は約70時間。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top