ミニロボットが人の寿命を延ばす?……2030年、IEEE予測 | RBB TODAY

ミニロボットが人の寿命を延ばす?……2030年、IEEE予測

 技術専門家の組織で標準規格の提案でも知られるIEEE(アイ・トリプル・イー)は、ナノサイズから中型までの小型ロボットに、我々の生活に変化をもたらす画期的な用途が期待できると予測している。

ブロードバンド テクノロジー
IEEEホームページ
  • IEEEホームページ
  • IEEEサイト
 技術専門家の組織で標準規格の提案でも知られるIEEE(アイ・トリプル・イー)は、ナノサイズから中型までの小型ロボットに、我々の生活に変化をもたらす画期的な用途が期待できると予測している。

 体内からの健康監視による薬物投与、災害時捜索救助チームへの重要情報の提供、食の安全に関連する問題発生の最小化といった機能を持つ小型ロボットが、ヒトの寿命と社会の健全性に大きな影響を与えるという。

 IEEEフェローで南カリフォルニア大学のロボット工学および組み込みシステムセンターの創設者でもあるマジャ・マタリック博士は、「ロボットのサイズと人間によるロボット受容の関係は、ロボット工学の分野で常に研究されているテーマだ」と述べる。

 「これまでの研究から、人体の75%未満サイズのロボットであれば、広く受け入れられることがわかっている。現在のロボット開発は、この知見に基づき、我々の生活を向上するさまざまな用途の、小型ロボット技術の開発の躍動期にある」

 たとえば、病気とヒトの免疫系の異常を監視するミニモニターや、人体に注射されて機能するナノロボットの開発が進んでいる。こうしたナノロボットは、さまざまな疾病や栄養素を人工知能によって自動的に見分け、複数のナノロボットを使って、人体の内面の健康状態を把握することもできるという。

 食品製造プロセス全体の動作条件と周囲条件を監視する、専用ミニロボットも開発中だ。IEEEメンバーであり、ニュージャージー工科大学の機械および経営工学科の教授を務めるポール・ランキー博士は、「魚に含まれる鉛の量、チーズの熟成過程における湿度、ワインの発酵段階における酸性度といった分析でも、ミニロボットは味や質の向上だけでなく、食品媒介性疾病の可能性の最小化に貢献する」と述べる。

 IEEEのメンバーでロボット専門家であるアントニオ・エスピンガーデイロは、「この超小型ロボットが、2030年までに寿命の延長に寄与することが有望視されている」と語る。

IEEEについて……IEEEは世界最大規模の技術専門家の組織。160ヵ国、40万人以上のエンジニアや技術専門家の会員を擁する非営利団体だ。電気・電子工学およびコンピューターサイエンス分野における世界の文献の30%を出版、2000以上の現行標準を策定し、年間1300を超える国際会議を開催している。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top