指先にはめて親指で操作できる指輪型ワイヤレスマウスの上位機種が登場 | RBB TODAY

指先にはめて親指で操作できる指輪型ワイヤレスマウスの上位機種が登場

 サンワサプライは22日、同社直販サイト「サンワダイレクト」にて、指輪型のワイヤレスマウス「リングマウスプラス(指マウス・5ボタン)」(型番:400-MA040)を販売開始した。価格は4,480円。

IT・デジタル フォトレポート
「リングマウスプラス(指マウス・5ボタン)」(型番:400-MA040)の利用イメージ
  • 「リングマウスプラス(指マウス・5ボタン)」(型番:400-MA040)の利用イメージ
  • 利用イメージ
  • USBレシーバーを本体に収納するイメージ
  • 本体と付属品
  • 操作ボタンの詳細
 サンワサプライは22日、同社直販サイト「サンワダイレクト」にて、指輪型のワイヤレスマウス「リングマウスプラス(指マウス・5ボタン)」(型番:400-MA040)を販売開始した。価格は4,480円。

 同製品は、指輪のように指に装着したまま片手の指先で操作が可能なワイヤレスマウス。2011年9月発売の「リングマウス」(型番:400-MA031)の上位機種で、「リングマウス」に搭載する左右クリックとスクロールのボタンに加え、ドラッグ&ドロップが行えるドラッグボタンを新たに装備した。

 一般的な使用方法は、本体を人差し指に装着し、本体上面のボタンを親指で操作。パソコンを膝の上にのせたり、寝そべったりしながら操作する際に役立つ。また、付属のドライバをインストールすることでカウント数の切り替えが可能で、ポインタの移動速度の設定などが行える。

 周波数帯域は2.4GHzで、ワイヤレスの捜査範囲は約10m、内蔵バッテリの充電は付属のUSBケーブルを使ったUSBバスパワー。本体サイズは幅24×高さ35×奥行き32mm、重さは10g。USBレシーバーは幅12.5×高さ4×奥行き19mm、重さは2g。USBレシーバーは本体に収納可能。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top