女性の「頭皮のニオイ」はザリガニの6倍!?……アンファー、「頭皮ケア」の重要性伝えるWEBコンテンツを公開 | RBB TODAY

女性の「頭皮のニオイ」はザリガニの6倍!?……アンファー、「頭皮ケア」の重要性伝えるWEBコンテンツを公開

 女性のための頭皮ケアシャンプー「スカルプD 薬用ボーテ」や「スカルプD 薬用エメ」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファーは19日、新プロジェクト「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」を開始した。

エンタメ その他
女性の頭皮は、アメリカザリガニよりもニオっている!?
  • 女性の頭皮は、アメリカザリガニよりもニオっている!?
  • 女性たちの頭皮からは、さまざまなニオイが・・・!
  • 7名集まった女子会の臭気レベルはかなりのもの?
  • 女性の「頭皮のニオイ」によって、相手への高感度は下がるか?
  • 「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」プロジェクトサイト
 女性のための頭皮ケアシャンプー「スカルプD 薬用ボーテ」や「スカルプD 薬用エメ」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファーは19日、新プロジェクト「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」を開始した。同プロジェクトは、現代女性に「頭皮ケア」の重要性を伝えることで、今はもちろん、5年後・10年後の女性たちの髪を美しいものへと導くことを目的としているという。

 プロジェクトの第1弾として、スカルプDヘアケア委員会では女性の「頭皮のニオイ」に注目。「ニオイ」の実測検証のほか、20~30代の男女を対象とした意識・実態調査や、体臭ケアの専門家へのインタビューを行った。

■女性の頭皮のニオイはどの程度?

 まず、女性の頭皮がどの程度のニオイなのか、ニオイの強さのレベルを測定する臭気測定器(ニオイセンサー)を用い、20~30代女性の頭皮のニオイの測定を実施。その結果、臭気レベルの平均は、シャンプーをして約24時間後の頭皮で「59」という数値になった。これはどのくらいのニオイの強さと言えるのか、同じ測定機を用いて他のものを測定すると、アメリカザリガニが「10」、秋の味覚・さんまは「44」という結果に。つまり、女性の頭皮のニオイは、アメリカザリガニのニオイの6倍近くであるという衝撃の事実が明らかになった、とのこと。

 次に、20代~30代の男女500名を対象にインターネット調査を実施。最初に男女それぞれに対して「自分の頭皮のニオイが気になったことはありますか?」と質問をしたところ、「ある」と答えた男性が56%であった一方、女性では67%と約7割にのぼった。男性よりも女性のほうが、「頭皮のニオイ」を気にしている割合が多いようだ。

 そこで女性に、自分の「頭皮のニオイ」がどのようなニオイかを例えてもらったところ、「手垢がついて汚れた古本のニオイ(37歳・東京都)」、「体育館のマットのニオイ(27歳・東京都)」、「天ぷらのニオイ(38歳・神奈川県)」、「飼っている三毛猫のニオイ(20歳・北海道)」、「ワカメのニオイ(29歳・兵庫県)」など、実に様々な回答が得られたという。

■頭皮のニオイは好感度にも大きく影響 ニオイ対策の第一歩はシャンプーの見直し

 さらに、男性に対しても「女性の頭皮のニオイ」について質問をした。まず、「異性の頭皮のニオイが気になったことはありますか?」と聞いたところ、47%が「ある」と答えた。「女性の頭皮のニオイによって、相手への好感度は下がりますか? 」という質問には、81%が「下がる」と回答。また、「パートナーや恋人の頭皮のニオイが気になった場合、どのような感情を持ちますか?」と聞くと、42%が「好きという気持ちが盛り下がる」と答えたほか、6人に1人の18%からは「別れたいと感じる」との回答も。

 一方で、「頭皮のニオイ対策をしているか」という問いに対し、「している」と答えた女性はわずか18%。ちなみに、対策をしている人の具体的なケア方法として最も多かったのは、「丁寧なシャンプー」で76%。頭皮ケアには、頭皮クレンジング製品、ヘッドスパなど、さまざまな方法がある中、手軽なシャンプーを見直すことが、ニオイ対策の第一歩と言えるだろう。

 こうした「頭皮のニオイ」の原因はどのような点にあるのか。同プロジェクトでは、これまで10万人以上の体臭に関する相談に答えてきた実績を持つ、体臭ケアのスペシャリストで、医学博士・五味クリニック院長の、五味常明氏に、「頭皮のニオイ」の原因と、正しい「頭皮ケア」のポイントについて話を聞いている。

■発生したニオイを「消臭」するよりも、発生しないように「防臭」することが重要

 五味氏によれば、「『頭皮のニオイ』は、 いろいろなニオイがまざった『複合臭』です。人によってどのようなニオイがするかは違いますが、例えば、皮脂が多い人はアブラっぽいニオイ、緊張して汗をかきやすい人はアンモニアのすっぱいニオイ、加齢臭が強い人はろうそくや米櫃のような、皮脂線からくる古っぽいニオイがします」とのこと。「複合臭」であるために、“頭皮の消臭対策と言えばこれ”といったものが無いのだという。

 また「頭皮」は、やっかいなことに、ニオイのケアが非常に難しい部位で、「髪の毛が生えているため、清潔にするのが難しい上に、消臭もしづらい」のだそうだ。

 以上のような理由から五味氏は、「『頭皮のニオイ』をケアするためにはすでに発生したニオイを『消臭』するのではなく、ニオイが発生しないように『防臭』するという視点が非常に重要です。つまり、頭皮環境を整え、頭皮を常に健康に保つことが大切なのです」としている。

 現在頭皮ケアへの関心は高まりつつあるが、まだ頭皮ケアを自分事化できていない女性も多いのではないか。「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」のサイトでは、今回の「ニオイ革命」に続き、今後も毎月10日に第2弾「ベタつき革命」、第3弾「乾燥革命」と、頭皮ケアを見直すきっかけになるような、様々なコンテンツを展開していく予定とのことだ。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top