“オリオン座流星群”、ピークまであと2日!……ウェザーニューズ、7ヵ所から同時生中継 | RBB TODAY

“オリオン座流星群”、ピークまであと2日!……ウェザーニューズ、7ヵ所から同時生中継

ブロードバンド テクノロジー

「ウェザーニュース」
  • 「ウェザーニュース」
  • ウェザーニューズの発表
 観測ピークを間近にひかえた“オリオン座流星群”。ウェザーニューズは19日、最新の気象予測から21日の天気の傾向を発表するとともに、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて“オリオン座流星群”の様子を同時中継することを発表した。

 “オリオン座流星群”がピークとなる21日は、移動性高気圧に覆われ、西日本や東~北日本の太平洋側で流星観測に絶好の天気となる予想。一方、東~北日本の日本海側では寒気の影響で曇りや雨のところが多くなり、雲の隙間からの観測となるとのこと。この日は全国的に冷えて、内陸部ほどグッと冷え込む見込みで、寒さ対策を万全にして、天体ショーを楽んでほしいとしている。

 “オリオン座流星群”は、ハレー彗星を母彗星とする流星群で、条件が良ければ1時間あたり10個前後の流星を見ることができるという。また、明るい流星や流れた痕を残すことがあり、その派手さも注目される。ウェザーニューズでは、観測に適すると予想される日本と韓国の合計7ヵ所からリアルタイムに流星の様子を中継。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『SOLiVE24 Ch.』で楽しめる他、PCやテレビ(BS910Ch)でも視聴可能。

 スマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」と携帯サイトの特設ページでは、自分が見た流星の数をカウントできる『流星カウンター』を21日夜よりオープン。『流星カウンター』は、自分が見た流星の数をカウントできるサービスで、サイト上では、自分がカウントした総数を見ることができるほか、観測された情報がマップ上にリアルタイムにプロットされる。そのほか、星の見え具合が10分単位でわかる「10分天気マップ」や星空観察のコツだけでなく、“オリオン座流星群”の解説や流星のメカニズム、オリオン座の神話も紹介している。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top