ソフトバンク、下り最大110Mbps対応のWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 102HW」を発売 | RBB TODAY

ソフトバンク、下り最大110Mbps対応のWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 102HW」を発売

 ソフトバンクモバイルは19日、下り最大110Mbpsの高速通信が可能な次世代ネットワーク「SoftBank 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」(Huawei製)の発売を開始した。

IT・デジタル 周辺機器
「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」
  • 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」
  • 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」
  • 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」
 ソフトバンクモバイルは19日、下り最大110Mbpsの高速通信が可能な次世代ネットワーク「SoftBank 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」(Huawei製)の発売を開始した。

 「ULTRA WiFi 4G 102HW」は、「SoftBank 4G」のほか、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」(W-CDMA方式)にも対応。また、規格値で最大300Mbpsの無線LAN高速化規格「11n」にも対応、MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を使用し複数のアンテナで送受信を行うことで、大容量のデータでも快適にダウンロードすることができるという。同時接続は10台まで。microSDXC対応のカードスロット(最大64GB)を搭載し、カード内のファイルをパソコンやスマートフォンのウェブブラウザを通じて、接続機器同士で共有するNAS機能に対応。本体サイズは約66×104.8×15.5mm、重さは約135g。約3,000mAhの大容量バッテリーを搭載。

 同ルーターの発売にあわせ、「SoftBank 4G」向け料金プランの「4Gデータし放題フラット」(月額料金5,985円)が月額4,410円で利用できる110Mbps対応機種向けのキャンペーン「新スマホセット割」も同日に開始した。

《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top