NTTデータ、クラウド型デジタルアーカイブサービス「AMLAD」を図書館向けに提供開始 | RBB TODAY

NTTデータ、クラウド型デジタルアーカイブサービス「AMLAD」を図書館向けに提供開始

 NTTデータは16日、クラウド型デジタルアーカイブサービス「AMLAD(アムラッド)」を発表した。10月19日より提供を開始する。地域資料・電子書籍等のデジタル化資料が、端末を選ばず検索・閲覧、貸出可能になるという。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「AMLAD」サービスイメージ
  • 「AMLAD」サービスイメージ
  • 「AMLAD」提供サービス一覧
 NTTデータは16日、クラウド型デジタルアーカイブサービス「AMLAD(アムラッド)」を発表した。10月19日より提供を開始する。地域資料・電子書籍等のデジタル化資料が、端末を選ばず検索・閲覧、貸出可能になるという。

 「AMLAD」は、各種デジタル化資料を保存し、それら資料に対する、検索・閲覧、貸出・返却等の機能を提供するクラウドサービス。これにより図書館、公文書館、美術館、博物館をはじめとする各種資料保存機関は、独自にシステムを構築することなく、安価に迅速に高機能なデジタルアーカイブサービスを提供することが可能となる。閲覧端末としてはPC、スマートフォン、タブレットに対応する。

 「AMLAD」は、これまでNTTデータが国立国会図書館等で培ってきたデジタルアーカイブの技術ノウハウをもとに開発されており、資料保有者の権利を守る機能として、資料ごとの公開範囲設定、著作権保護が必要な資料の不正コピー防止の仕組みを有している。複数館の横断検索のほか、電子書籍の貸出も行うことができる。NDLサーチ(国立国会図書館サーチ)や蔵書目録システム(OPAC)との連携にも対応する。

 なお、秋田県立図書館において今秋より、本サービスを用いた新しいデジタルアーカイブサービスの稼働が決定しているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top