デヴィッド・リンチ展……暴力と静寂に棲むカオス 11月10日から | RBB TODAY

デヴィッド・リンチ展……暴力と静寂に棲むカオス 11月10日から

 ラフォーレミュージアム原宿(東京原宿)は11月10日~12月2日に、テレビドラマ『ツイン・ピークス』、映画『ワイルド・アット・ハート』などで知られるデヴィッド・リンチ監督の大規模な展覧会、「デヴィッド・リンチ展~暴力と静寂に棲むカオス」を開催する。

エンタメ その他
 ラフォーレミュージアム原宿(東京原宿)は11月10日~12月2日に、テレビドラマ『ツイン・ピークス』、映画『ワイルド・アット・ハート』などで知られるデヴィッド・リンチ監督の大規模な展覧会、「デヴィッド・リンチ展~暴力と静寂に棲むカオス」を開催する。

 世界で最も影響力のあるアーティストの一人、デヴィッド・リンチの大規模展覧会で、彼のアート作品(新作絵画、ドローイング、写真)と初公開作品を含む実験的な短編映画を展示・上映する。

 映像監督として活動を展開しているリンチ監督だが、2010年には美術界において権威ある「Goslar Kaiserring award」を受賞するなど、アート作品はリンチ監督にとって「まったく同様の強度で行なわれている表現活動」(主催者)だ。

 リンチ監督直々のサポートの下で行われる同展では、72点の日本初公開作品を含む75点のアート作品、そして初公開1本を含む短編映画5本が展示・上映される。会場では、絵画作品の展示スペースと仮設シアターを入れ子構造に組み入れ、「映画」「絵画」といった既成の枠組みを取り払ったところにある、リンチ監督が一貫して描き続けるモチーフに迫る。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top