パイオニア、テレビの録画番組を車で視聴できるポータブル地デジレコーダー | RBB TODAY

パイオニア、テレビの録画番組を車で視聴できるポータブル地デジレコーダー

IT・デジタル レコーダー

ホーム用クレードルに装着したポータブルレコーダー「XPR-900」の本体ユニットとホーム用リモコン・カー用リモコン
  • ホーム用クレードルに装着したポータブルレコーダー「XPR-900」の本体ユニットとホーム用リモコン・カー用リモコン
  • テレビに接続して番組を録画できるイメージ
  • 自動車車内に設置して録画番組を再生できるイメージ
 パイオニアは、自宅のテレビで録画した番組をで視聴できるようにするポータブルレコーダー「XPR-900」を発表した。販売開始は10月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。

 同製品は、SDカードスロットを搭載した本体ユニットとホーム用クレードル、カー用クレードルで構成。本体ユニットは幅76×高さ20×奥行き116mm/約130gのハンディサイズで、自宅で録画した番組を車に持ち込むことができる。

 SDカードスロット内にSDカードを差し込んでホーム用クレードルに装着し、テレビと接続することで、SDカードへの番組録画が可能。本体ユニットには地デジチューナーも搭載しているため、アナログテレビに接続して地デジの視聴・録画も行える。

 カークレードルを車の車載テレビや車載ディスプレイ、リアディスプレイに接続し、本体ユニットを装着してSDカード内の録画番組を再生することが可能。エンジンを始動すると自動で再生画面に切り替わるほか、エンジン停止時に視聴が中断された場合はエンジン再始動時に続きの場面から再生するレジューム機能を備えた。

 本体ユニットとホーム用クレードルのインターフェースは、地デジアンテナ入力/ビデオ出力/アナログ音声出力/HDMI出力/miniB-CASカードスロット/SDカードスロット。本体ユニットとカー用クレードルのインターフェースは、ビデオ出力/アナログ音声出力/miniB-CASカードスロット/SDカードスロット。

 サイズ/重さは、ホーム用クレードルが幅102×高さ33×奥行き150mm/約180g、カー用クレードルが幅102×高さ30×奥行き98mm/約100g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top