【物欲乙女日記】そこのあなた!心配なのに、ケータイ料金って意外とチェックしないでしょ! | RBB TODAY

【物欲乙女日記】そこのあなた!心配なのに、ケータイ料金って意外とチェックしないでしょ!

ブロードバンド 回線・サービス

「My docomo」
  • 「My docomo」
  • 請求額は過去3ヶ月分まで遡って確認することができる
  • 2012年8月分の利用料金内訳
  • 細かい契約内容やポイントの有効期限も確認できる
  • iモードだとこのような画面になる
  • 「プレミアクラブ」ランクアップの仕組み
  • 実はいろいろあるんです!
おはこんばんちは(死語)、浦和武蔵です。
去年の夏頃から、スマートフォン(Android)に関わる仕事をするようになりましたが、いろいろなキャリアの端末を触っていると、いつも新しい発見があって、それと同時にモバイル業界の動向などの勉強にもなって、おもしろいですね!スマホを手にする前までは「ケータイなんて通話とメールさえできればいいんだから……と思っていましたが、フィーチャーフォン時代にスルーしていたことも含めて「携帯電話でこんなことができるのか~!」と些細なことに感激したり、それぞれ各キャリアごとに便利なサービスがあって、いつも「なるほどな~」と感心しています。

■ケータイ代、どうすれば節約できる?

さて、仕事とはいえこんな感じでモバイルの世界に片足を突っ込んでいると、周囲からは「ケータイネタに強い人」と思われているみたいですが、実際そんなことはないと思います(笑)「○○ってどう?」「○○って知ってる?」とケータイネタを訊かれることが多々ありますが、正直「詰め込み教育」のように駆け足で詰め込んできた知識なので、まだまだわからないことばかりです。答えられないことの方が多いです。でも何か話を振られて悪い気はしませんけどね(笑)
最近ではオフ会で会った、小さい子どもがいる方に、「子どものケータイ代、いつも高くて…なんか課金するゲームで私に隠れて高いアイテム買っちゃったりしてるんだけど…何とかならないのかしら」と相談されることがありました。
まぁワタクシ的には「ガキにケータイ持たせんな」というのが正直な意見ですが、私も高校時代、テレホーダイ時間外にネット接続して月5万以上の請求(しかも2回以上)が来て親にめっちゃ怒られたことがあるので、あまり人の事言えなかったりします。。。

アイテム課金で自分の知らない間にお金を注ぎ込まれていたり、通話や通信で「子どもが想像以上に使いすぎちゃって困る……」「月々の請求額が心配……」と、やっぱりケータイ代って気になりますよね。
ドコモユーザーなら、通話・通信料金や契約情報、ポイント残高をチェックできる「My docomo」というサービスがあります…が、これがドコモユーザーでも意外と「見たことがない」「利用したことがない」という人がけっこういてビックリ。
My docomoを利用するにはiモード経由だと[iMenu]→[お客様サポート]で、ネットワーク暗証番号を入力するだけですが、PC経由だとdocomo ID/パスワードの登録が必要になります。まぁ特に難しいことはないので、すすっと登録を済ませちゃいましょう。

■まずは自分から

で、私が仕事で使っているフィーチャーフォン「P-07B」を例に見てみましょうか。
私の場合仕事用のサブ端末だし、メインはスマホがあるから別にそんなにiモードとか見ないだろうし、極めて最低限に近い維持費でいいかと思っていましたが、蓋を開けてみるとけっこうパケット通信料がかかっていましたね!
2012年5月の請求分にいたっては、あわや1万の大台に届くかといったところでしたが(苦笑)どうせ仕事でしか使わないものだからと高をくくっていたら、意外な結果に…。。。
んー、いくらなんでもこれは高いなぁ。

…と、このように利用料金の見直しや、プランの変更もMy docomoのページからできます。
でもそれだけでなく、引越しした時の住所変更も、My docomoから行えるんです。これも割と知らない人が多いみたいですね。「こないだ引越して住所変更の手続きにさ~、ドコモショップ行ったらぁ、30分近く待たされたんだけど!」という話を聞く限りは。。。
しかしショップに行かなくても、こうしてネット上だけで手続きができるのはけっこう便利だと思います。私は取材や打ち合わせ以外では極力外に出たくないし、外に出て何かする暇があったら、その一秒の暇を惜しんででも原稿を進めたいと思うわけですよ、毎日が〆切との戦いである私としては。
そう、引越し…といえば、実はこのところずっと都内に引っ越そうかなと考えていまして…。都外から都内に毎日のように取材だ作業だと通うのは、やっぱり疲れるし、移動時間が。。。(実際何時何所に引っ越すのかはまったくの未定ですが)
でもこれで引越し後の手続きのうちのひとつでも楽になるなら、なかなかいいんじゃないでしょうか。

■「ドコモプレミアクラブ」とは何ぞや

こちらもけっこう気がつかない人が多い「ドコモプレミアプラブ」。
「ドコモプレミアクラブ」は、ステージ毎に獲得できるドコモポイントが増えたり、お店によってはクーポンで様々な特典などを受けられる、ドコモユーザー専用の会員サービスです。
ステージは、利用年数と、1年間(1月から12月まで)の携帯利用金額に応じた「ステージポイント(100円につき1SP)」によって決定されて、1st・2nd・3rd・プレミアの全4段階に分かれています。ちなみに「プレミアステージ」にランクアップすると、ドコモの新端末内覧会に招待される…などといった、プレミアムな特典も満載なんです!
入会金も年会費も不要で、入会基準も特にないので、まだ入会していない人はすぐに入会することをおすすめします。
「あれ?私入会してるのかな……」という人は、契約内容変更ページで確認できます。

では貯まった「ドコモポイント」は何に使えるの?というと、貯まったポイントは新しい端末や付属品などの購入に利用できたり…というのはご存知の方も多いと思いますが、他にも「dマーケット」のアプリなどに交換できたり、その他ギフトと交換できたり、募金もできます。
意外と端末購入以外の使い道を知らなかったりするドコモポイントですが、実はこのような使い方もあるんですねぇ。

……さて、しかしながらこの現在の料金プラン、どうしましょうかねぇ!?
前出の「(子どもが)想像以上に使いすぎちゃって困る…」というのが、そっくりそのまま自分に返ってくるとは……。
物欲乙女たる者、「清く正しく賢く」がモットーなので、ここはやはりケータイ代の見直しを考えなくてはいけませんね!
まさか「使わない」と思っていたパケット通信をあんなに使っていたなんて。。。
《浦和武蔵》

関連ニュース

特集

page top