ウェザーニューズ、8月7日~16日・お盆の天気傾向を発表……ゲリラ雷雨に要注意 | RBB TODAY

ウェザーニューズ、8月7日~16日・お盆の天気傾向を発表……ゲリラ雷雨に要注意

ブロードバンド ウェブ
8月7日~16日・お盆の天気傾向(1/3)
  • 8月7日~16日・お盆の天気傾向(1/3)
  • 8月7日~16日・お盆の天気傾向(2/3)
  • 8月7日~16日・お盆の天気傾向(3/3)
  • お盆中のゲリラ雷雨傾向・北日本
  • お盆中のゲリラ雷雨傾向・東日本
  • お盆中のゲリラ雷雨傾向・西日本
  • お盆中のゲリラ雷雨傾向・南西諸島
 ウェザーニューズは7日、8月7日~8月16日までのお盆の天気傾向を発表した。それによるとお盆は、西~東日本を中心に天気が変わりやすく、10日頃からは、全国の広い範囲でゲリラ雷雨の発生が心配されるとのこと。

 お盆期間は太平洋高気圧の勢力が弱く、湿った空気の流れ込みやすい状態が継続。このため、西~東日本を中心に天気が変わりやすくなる。また、南の海上にある台風11号の動きによっては予報が大きく変わる可能性もあるという。

 北日本は日差しの出る日が多いものの、10日頃からは前線が近づいて、にわか雨や雷雨の可能性があるとのこと。その後も天気が変わりやすい予想で、特に山のレジャーなどは、最新の情報をこまめに確認することをウェザーニューズでは推奨している。

 東日本は、晴れていても雲が出て、ザッと雨が降るなど変わりやすい天気となる見込み。山沿いだけでなく、市街地でもゲリラ雷雨の発生に注意が必要で、特に10日頃からは広範囲で雷雨になる可能性が高い。蒸し暑い日が続くので、こまめに水分補給をするなど、万全な熱中症対策が必要としている。

 西日本は、湿った空気の流れ込みやすい日が継続。山沿いだけでなく、市街地でもゲリラ雷雨が発生しやすく、特にお盆休み本番の10日頃からは広範囲でゲリラ雷雨の可能性が高くなる。特に、川のレジャーなどは、急な増水に警戒が必要。猛暑レベルの暑さはあまりないものの、ベタベタと不快な蒸し暑さが続く見込みだ。

 南西諸島は台風11号が去った後も、湿った空気の影響で変わりやすい天気が続く予想。日差しがあってもザッと雨が降ったりしそうだ。台風11号は複雑な動きをする可能性もあり、強い風や高波が長引くことも考えられるため、海のレジャーは要注意とのこと。

 ウェザーニューズでは、携帯サイトとインターネットサイトにおいて、お盆期間中の10日間の詳細な天気を随時配信する。さらに携帯サイトでは、突発的かつ局地的に発生する“ゲリラ雷雨”発生の危険性を事前に通知する「ゲリラ雷雨メール」、熱中症になる恐れのある、もっとも危険なレベルを事前に通知する「スーパー猛暑メール」が設定可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top