東京都教委、情報モラル啓蒙DVDと事例集を全公立学校に配布 | RBB TODAY

東京都教委、情報モラル啓蒙DVDと事例集を全公立学校に配布

ブロードバンド 回線・サービス

「平成23年度インターネット等の適正な利用に関する指導事例集・活用の手引」「情報モラル啓発用DVD」「児童生徒向けリーフレット」配布について
  • 「平成23年度インターネット等の適正な利用に関する指導事例集・活用の手引」「情報モラル啓発用DVD」「児童生徒向けリーフレット」配布について
 東京都教育委員会は7月12日、「平成23年度インターネット等の適正な利用に関する指導事例集・活用の手引」「情報モラル啓発用DVD」「児童生徒向けリーフレット」を都内すべての公立学校および区市町村教育委員会に配布したと発表した。

 2009年6月から行ってきた学校裏サイトの監視業務の結果をもとに、これまで実際に起きた事例について、学校、教員、保護者等を対象に子供たちへの指導方法や対応方法を示した実践的な指導・啓発資料となっている。

 「平成23年度インターネット等の適正な利用に関する指導事例集・活用の手引」は、「不適切な書き込み」内容を10項目に分類し、小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の4校種ごとに10事例、合計40事例を掲載し、学校や保護者が適切な対応ができるように対応方法を具体的に掲載している。なお「不適切な書き込み」は、2011年4月から2012年3月の間に11,438件発生している。

 「情報モラル啓発用DVD」は、児童・生徒が巻き込まれやすい「自身の個人情報を公開」「誹謗中傷」「不適切行為」「売春・買春」の4つの事例を各10分程度にドラマ化した映像教材。添付の小冊子に、教員向け「指導のポイント」と児童・生徒の自己点検や話し合い用に「チェックシート」を掲載している。

 「児童生徒向けリーフレット」は、携帯電話を利用し始めることの多い小学3・4年生および中学1年生を対象に配布する。発生の多い「ネットトラブルの事例」「注意点」「相談窓口」などを掲載している。

 今後の取組みとして、都教育委員会は、今回配布した資料の活用を促進し、学校裏サイトの監視業務を継続するとともに、「ICT教育フォーラム」の開催を予定している。
《工藤 めぐみ》

関連ニュース

特集

page top