【Interop Tokyo 2012】行き逃した方に朗報……主要企業の資料がダウンロードできる | RBB TODAY

【Interop Tokyo 2012】行き逃した方に朗報……主要企業の資料がダウンロードできる

エンタープライズ 企業

OpenFlow ShowCase(Interop Tokyo 2012)
  • OpenFlow ShowCase(Interop Tokyo 2012)
  • A10ネットワークスAX3530(Interop Tokyo 2012)
  • ソリトン(Interop Tokyo 2012)
  • Interop Tokyo 2012注力テーマ
 先週、千葉市の幕張メッセ開催されたInterop Tokyo 2012では、会場内オープンセミナーの「OpenFlow ShowCase」が各回立ち見の盛況を見せ、来場者は連日前年を上回るなど、好評のうちに終了した。

 残念ながら会場に足を運べなかった方向けに、Interop公認メディアの「ExpoTODAY」では、会場の主要な出展企業の資料がWebからダウンロードサービスを提供している。

 Best of Show Awardを受賞したA10ネットワークスの「アプリケーションネットワーキングプラットフォームAX3530」、ソリトンシステムズの「モバイル・ビジネス・プラットフォーム Dynamic Mobile Exchange」ほか、ジュニパーネットワークス「Yahoo!JAPANの安定的なサービス提供を担うネットワークインフラの進化」、アンリツネットワーク「40/100Gイーサネットアナライザ MD 1260A」など、注目の導入事例や製品資料が多数ダウンロードできる。

 資料ダウンロードには、(1)会員登録と(2)名刺情報の登録の2ステップが必要だ。まず会員登録では、ログイン用にFacebookかTwitterいずれのアカウントを選択し、メールアドレスとニックネーム、興味分野などを登録する。次に、イベント検索からキーワード「Interop」でイベント検索し、Interop Tokyo 2012の詳細ページから出展社一覧を表示、気になる出展社の資料があれば「リクエスト」ボタンを選択する。

 資料をダウンロードするボタンが現れるので、クリックすると資料ダウンロード画面に遷移する。

 個人情報の取扱いにチェックを入れるとダウンロードできる資料の一覧が表示される。資料はpdfでダウンロードするか、メールでURLを転送するかを選択することができる。初回ダウンロード時には名刺情報を入力する必要があるが、2回目以降は入力不要だ。

 なお、iPhone、Androidのアプリをダウンロードし、ログインすれば興味のある分野のおすすめイベントが通知される。注目のイベントに行き逃すことの多い人におすすめだ。


★製品資料公開中★
※「Interop Tokyo 2012」製品資料ダウンロード

★Interop公認アプリ「ExpoTODAY」(無料)★
スマートフォンでも利用できます。
※「ExpoTODAY」ダウンロード(iPhone)
※「ExpoTODAY」ダウンロード(Android)
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top