日立システムズ、一括提供型のプライベートクラウド基盤「Hyper-V Cloud Pack」発売 | RBB TODAY

日立システムズ、一括提供型のプライベートクラウド基盤「Hyper-V Cloud Pack」発売

エンタープライズ ハードウェア

システム概要図
  • システム概要図
  • 標準システム構成
 日立システムズは5月31日、ハードウェア、ソフトウェアなどをパッケージ化し、一括で統合プライベートクラウド基盤を提供する「Hyper-V Cloud Pack」の販売を開始した。

 「Hyper-V Cloud Pack」は、マイクロソフト社のWindows Server 2008 R2の仮想化機能「Hyper-V」および統合管理ソリューション「System Center 2012」を、大容量のメモリと高帯域のI/O性能を備えた日立製作所のブレードサーバ「BS500」やストレージ、ネットワーク機器などクラウド基盤に適したハードウェア製品と、あわせて提供する。

 「System Center 2012」を活用しているため、利用部門からのサーバリソース要求に対して、ワークフロー形式で自動的にテンプレート化されたITリソースを提供するセルフサービスポータル機能を利用できる。これによりシステム部門は、必要なときに必要なだけサーバリソースを提供できる。また、サービスポータル機能を活用することで部門ごとの利用状況を把握し、個別に課金をするなどの用途にも利用可能となっている。

 日立システムズは、主力事業として強化中であるクラウドサービスの1つとして、日立グループのクラウドソリューション「Harmonious Cloud(ハーモニアスクラウド)」の下、「Hyper-V Cloud Pack」を提供する予定。価格は標準システム構成の場合で、税込5748万7500円より。HA8000を活用した安価なモデルも準備中となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top