タイトル直訳は“夢の終焉”……LUNA SEAが来年1月に日本武道館で6日間 | RBB TODAY

タイトル直訳は“夢の終焉”……LUNA SEAが来年1月に日本武道館で6日間

エンタメ 音楽

LUNA SEA
  • LUNA SEA
  • WOWOW「LUNA SEA TV SPECIAL -The End of the Dream- 」番組特設サイト
 ロックバンドLUNA SEAが、2013年1月に日本武道館で6日間にわたってライブを開催することを発表した。

 LUNA SEAの日本武道館公演は2000年5月以来、約12年半ぶり。同会場は1993年に嵐で順延した初の日本武道館公演や、アルバム「LUNACY」(2000年7月発売)のすべての収録曲を披露した「PREMIRE OF LUNACY 2000」など、ファンの間では語り継がれている公演が行なわれてきた特別な場所。その日本武道館で、2013年1月11日、12日、13日、18日、19日、20日の6日間にわたってライブが行われる。

 今回の日本武道館公演と、12月23日の大阪城ホール公演を合わせた7本の公演には「LIVE 2012-2013 The End of the Dream」というタイトルがつけられており、直訳すれば“夢の終焉”となる。気になるところではあるが、メンバーの口からその真相は語られていない。

 また、WOWOWにて、7月8日20時からLUNA SEAの特番が放送されることも決定。今年メジャーデビュー20周年を迎える彼らが、“今まで見たことのないライブ番組”をコンセプトに、約12年ぶりにテレビ番組でパフォーマンスを行う。この番組のためだけに貸し切った会場で、観客を1人も入れずにメンバーだけでセッションライブを行うという。こちらもファンは見逃せない。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top