DNP、デジタルサイネージと一体化した商品棚「モニタナ」発売 | RBB TODAY

DNP、デジタルサイネージと一体化した商品棚「モニタナ」発売

エンタープライズ ハードウェア

商品を設置できるデジタルサイネージ「モニタナ」
  • 商品を設置できるデジタルサイネージ「モニタナ」
  • 「モニタナ」の活用事例
  • デジタルサイネージと商品棚を一体化
 大日本印刷(DNP)と子会社のDNPエス・ピー・テックは21日、デジタルサイネージ(電子看板)に商品陳列用の棚を付け、映像と商品を組み合せた店頭販促が行える販売什器「モニタナ」を共同開発したことを発表した。6月1日より販売開始する。

 「モニタナ」は、40インチの薄型ディスプレイに、商品陳列用の棚を取り付けた什器。ディスプレイの両サイドに棚を設置するための穴があり、商品の大きさや陳列形態などに合わせて棚の位置を変えることが可能。そのため、プロモーションのたびにオリジナルの販売什器を制作する必要がなくなるのがメリットとのこと。

 背後のディスプレイに表示する映像コンテンツは、静止画・動画・Flash・音声などのデータが使用でき、棚の位置に合わせて分割できる。商品の位置に合わせて詳細情報を告知するといった利用方法も可能。表示コンテンツの情報記録には、USBメモリを利用する。

 棚部分には、「スチール棚(黒)」「透明アクリル棚」以外に、オプションで、「ネット」「ハンガーフック(2種)」「吊り商品用フック」「楽器用フック」の5種類のパーツが提供される。価格は1台あたり29万5,000円(税抜、コンテンツ作成費は別途)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top